雪上ハイキング湯上山

舞鶴山の東に三角形の気になる山がある

国土地理院の【点の記】には會澤山とある
標高450m
画像

色々な呼び名があるようで
湯上山と呼ぶのが正式らしい

山形第一団(天童のボーイスカウト)では三角山と呼んで、毎年春になると登っていたようである
ようである、
というのは、親のエゴで無理やり入隊させた我が子たちが登ったので、何処から登ったのかは良く分からない

我々も登ってみたいと思いつつ、20年近く過ぎてしまった

夏道が分からないので
【点の記】に従って、共同墓地から入山
この墓地は、雨呼山ゆかりの天台寺(今は曹洞宗)昌林寺の管理地で、
中々の眺望
出羽の三森を眼下に望める
画像



堂々とした桜の古木から歩く
画像

沢沿いに道(農道?)

立ち入り禁止のロープが所々にあり、気分的に歩き心地は良くない
農道終点にも鎖がかかり、立入り禁止
画像

車道が終わっても、道らしき形は続く
画像

沢地形が終わる頃、道形不明
左手の小尾根に上がるが、まもなく尾根も無くなり、そのまま直登
赤松交じりの雑木林で、展望は良くない
画像

幅4m程の岩が現れ、、間もなく稜線
鶴が舞う山を遠望したかったのであるが・・・・・、
画像

ここまで、ツボ足で膝下までのラッセル、一時間半
ラッセル事始めで、普段使わない、足を上げる筋肉の訓練

画像

間もなく、頂上には山形各社のTV共同電波塔
出羽の三森に遮られた電波をここで補っているという
画像

三角点は建物から4m先の雪の中にあるのだが
掘る道具はない。
画像

頂上の展望も今一つであるが、南尾根には電波塔点検の為の刈り払いがあり、少し展望
毎月、点検の為に登ってきているとの事です
画像

手前に越王山、
瀧山を盟主として、麓には、大岡山、愛宕山、千歳山と続き、遠くには三吉山から葉山への特異な稜線
奥山山系の主稜線は雲の中である
画像

画像

木の間から、鵜沢山
雨呼山はどこだか?良く分からない
画像

下りは楽ちん
刈り払い道を下る
画像

ブドウ畑(廃園)に出ると、道は良く分からない
画像

墓地に至る尾根を進めば近いのであるが、道は左へ
索道を頼りに果樹園の中を適当に下る

歩いた軌跡です
墓地から東の尾根に取りつけば、刈り払いに至ります。

金毘羅からの道が一番のメインルートだそうですが、未確認。
画像


湯上山(ゆのかみやま)
この山の麓からは、お湯が湧き出ていた事が伝わっているそうで
貫津(温い沢)とか湯尻とかの地名が残っております

西には金毘羅神社、北の隅田川沿いには毘沙門神社、等々
若松寺ゆかりとおぼしき神社が、山を取り囲んでいるのも興味深い

春になったら、もう少し歩いてみよう



付録
ジャガラムラに至る広域農道に
野菜などの直売所があり、覗いてみました
無人販売と思って車を留めると、奥のビニルハウスからご主人がお目見え

リンゴ、葉っぱ、干し物などが置いてあり、良心的なお値段
特に、干物の種類は豊富で、アレ?こんな干しものも?あり?
ご主人の趣味の領域かと

本日は、ワラビ干とナス干購入(普段自家製で作る、分かるものだけ)
ナンマイ干が一番多いようでした。

ちなみに、昨日の我家
ナンマイ干の戻しです
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 花輪恒雄

    山の名前は「ゆのかみやま」という方も多く、地元の方もそういうのが多いですが、正しくは「ゆのうえやま」です。古くは「會澤山」ともいったらしいです。三角山は、もっと北の方にある別の山です。
    2020年01月01日 16:30
  • barabara


    おばんでございます。
    正しい山の名前は「ゆのうえやま」、ご教授ありがとうございます。三角山は若松寺から道がある山を指しているのでしょうか?それともP540?
    天童温泉街から見える三角形の山。俗称の呼び名だったか。
    地元の方のご様子。これからもご指導お願いします。
    2020年01月01日 17:38
  • 花輪恒雄

    三角山は、若松観音と鵜沢山(P730) の中間にある山(P634)です。ちなみに登山コースとして若松観音~三角山~鵜沢山~黒岩ケ嶽~雨呼山があります。一部に急登と薮漕ぎがあります。
    2020年01月01日 21:02
  • barabara



    三角山は昔小さい子供を連れてよく行きました。当時は伐採されたばかりで、見晴らしが良かったですが、現在は杉の木がが大きくなり、展望は今一つ。
    2014年に山寺から若松まで歩いております。途中の黒岩ケ嶽って修験のにおいがする場所ですが、どこを指しているのでしょうか?
    2020年01月03日 11:08
  • 花輪恒雄

    山寺千手院から若松観音までの「奥山駆け」を踏破されたとは相当の健脚の方とお見受けいたしました。
    黒岩ケ嶽は、雨呼山~龍神の池~高瀧山不動尊分岐~鵜沢山のコースでいえば龍神の池から高瀧山不動尊分岐までの中間にあります。左側にある大きくて黒い奇怪な岩です。村雲の池には降りないです。
    2020年01月03日 21:17
  • barabara

    地図上、岩の記号のある所ですね。ありがとうございます。この山域、お不動様から山頂に至る多くの道(跡)があり、怪奇な岩場も多い。黒岩ケ嶽、今度しみじみと眺めに行きたいと思います。
    人慣れしたクマさんが多い山域のようで、注意して。


    2020年01月04日 09:30

この記事へのトラックバック