山寺の尾根を探訪

朝から今一つの天気

寒気は入ってないようだが、昨日は強風
今日の予報を見ても、奥羽山系の風は強そう
(ヤフー風予測)

とりあえづ、行ってみるか、足慣らし

山寺の地蔵堂から歩き始める
画像


すぐ裏の山は、雨呼山系特有の、崖錐堆積地
画像

画像

林相はアベマキが半分以上、というのも目づらしい
画像

鉄塔着、北には道があるが、尾根へ進む
画像

寒々とした尾根道(道は無い)、春はもう少し先
画像


風が強く、唸り声を上げている
寒いし、寂しい景色
後は、どこで撤退するかというだけ、であるなあ

一応、春の兆しをカメラに収める
オオバクロモジ
もう少し
画像

フデリンドウ
も少し
画像

キブシは開花
風が強く、手で押さえて
画像

タムシバはまだまだ
画像

出羽の三森は、一つ森となってつながる
画像


植生は今一つの尾根である
本当は、この郡界尾根から山寺へ周回の予定であったが、撤退
P502の三角点先の細尾根の状況だけでも確認したかった
のであるが・・・・寒い、芽吹かないので心も寒い

帰路は、送電線の巡視路からとする
風もなく、こちらは春の気配
画像


画像

画像

画像



もの足りない感じがして、
周回予定の終点から再び山に入る
山寺公民館から
画像

こちらは、ちゃんとした道
風も少し弱まった様子で快適
画像

山末宮、とある
画像

山寺らしい凝灰岩
大石沢をはさんで、すぐ隣の尾根とは岩質、植生が全く違う

画像

マンサクは至る所に
画像

山ツツジは開花直前
ツルシキミの真っ赤な実、
(の傍らでは開花直前)
画像


今年初のショウジョウバカマ、確認
画像

先ほど撤退した隣の尾根
画像

例の場所は、やはり険しい感じがする
画像

地図上の山寺奥の院への分岐あたり
ここまでは道らしきものがあるが、この先は道はない、少しの藪尾根である
画像

山寺側を覗くと、すぐ真下に林道があったり、奥の院らしき屋根が見えたりする

お昼を過ぎると、上空には青空
遠くに蔵王山は晴れ
画像

龍山か?
画像

しかしながら、すぐそばの山は強風と雲
画像

麓は穏やかな春の里

画像

右手に大森山、奥に大岡山
画像


画像


春はゆっくりと進んでいるようだ
今日も花見不足

家に帰って、庭のタムシバ開花
画像

ニリンソウ
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック