思い出の山(北海道)

思い出の山は、学生時代までさかのぼります

画像


当時でも時代遅れのキスリングを、言われるまま、購入
普通25~30kg、重い時は40kgを背負って歩いた

”先輩、カメラを持って行って、いいでしょうか?”

”そんな余裕があるのなら、ほかの人の荷物を持て!”

”・・・・・”

そんな訳で、まともな写真は3年になってから


憧れの大雪山
縦走路の真ん中、遥かなるトムラウシ

画像



山頂でご来光を見つめる逞しい仲間たち
(無断掲載ですが、昔昔昔々なので大丈夫でしょう?)
画像

大雪から終着の十勝岳にて
画像


季節は変わり、6月
石狩岳から望むトムラウシ

新庄神室連峰で見る火打岳と似てませんか?
(いつも探してしまう、あたりが、ソックリ)
画像



ニペソツ
これの方が似ているか?

画像

再びトムラウシ
ヒサゴ沼から
画像



学生時代の〆は
日高のメインルート

沢ルートでは踏み跡が交錯しているが、ルートは滝のすぐ脇の記憶がある
楽な方に登ると、行き詰る
画像


八の沢カールは天上の楽園
福岡ワンゲルの悲劇から、未だ10年でありました

ここが、心細い泊まり2日目

画像


カムイエクウチカウシ山頂から南の無名峯(ピラミッド峰と呼ばれる)

画像



カールに囲まれたカムエクであるが、北の縦走路からが大変立派
画像




無名峯(P1917)
名前の無い山が立派・・・・神室連峰と一緒だべ?

画像


エサオマトツタベツ だべが?
多分、このあたりで、3泊目
画像


岩稜とハイマツ、それと踏み跡だけの稜線、は期待どうり
眼下にはカール


画像

オヤジサマの真新しい糞はアチコチにあるが、
今と違って高価なフイルム時代(写真なし)

画像


幌尻岳が近づく
画像


七つ沼カールは結構藪が多く、沼は干上がり、今一つ
沼の中には真新しい足跡
4泊目
ついに誰とも会う事は無かった
画像


日高の最高峰は大きくて

画像

遠かった
画像



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • ノンキーハイカーズ

    昔の登山を偲ぶ。たくさんの写真が残っていますね。
    北海道は一度も訪れていません。というか東京以北には一度も行っていないのです。いつかは、いつかは。

    鹿児島は5センチの雪が降り震えています。
    2017年02月10日 17:08
  • barabara

    鹿児島は雪ですか。
    雪があった方が暖かいような気がします。お隣の宮城県は寒いですよ。
    こっちも明日は吹雪なのでしょう。
    ユックリと写真の整理、だべなあ。
    2017年02月10日 19:56

この記事へのトラックバック