蔵王の参道を行く(自己初登頂の山々)

梅雨の季節は天気予報が当たらない
奥山山系は晴れ、蔵王には雲がかかる朝

9時には雨が降る予定で、傘を持って出かけた

未踏の不動沢コース
いつもの通り、登山口が分からない
アチコチ歩いて、結局、間違いのない、林道脇の水神様から入山
画像


歩いた先、丸太橋まで車進入可能でありました
森林管理署の杉間伐の車。
米沢の森林組合で、朝早くからご苦労様です
画像

夏の花が咲き始めた
画像

でも、もう少し先の様でもある
画像

杉林の中を進むが、意外と明るく、林床の植生は豊かでありました
画像

杉林を抜け、沢を渡る所には立派な大滝
2段、20mはありそうだ
画像

ここからはブナ林であるが
今の時期、林床の植生は少ない
草藪が煩くなると、間もなく不動滝で、最初の目的地、初見

画像

明るいお不動様で、拍子抜け
画像

画像

昔人はここで滝に打たれ、下界のコンチクショウを洗い流したのでありましょうが
お不動様の信仰の場所ではない様です
画像

不動滝からは、梅雨空の神室山方面が望める
画像

ここからは遊歩道であるが、まだ観光客は居ないようだ

緩やかな上り坂を30分程で、ドッコ沼までは結構遠い
画像

ご無沙汰しておりました
SANGOROU小屋
夏に来るのは初めてであります
画像

車道と交差しながら、沢山ある散策路を適当に進む
道標がしっかりしているので、迷う事はないようだ
画像

まづは、五郎岳への初登頂
人けはない
画像

冬は昔馴染みの中央ゲレンデ
奥には瀧山で、新鮮な景色であります
画像

雁戸山も望めるが、こんな感じ
スカイラインだけでも満足すべき天気でありましょう
画像

この辺で雨が降り、下山の予定であったが、も少し行ってみよう
夏のパラダイスゲレンデも初体験
草刈はされてないが、道はあるようだ
画像

画像

よく読めないが、昔ながらの参道の様です
画像

自然破壊と言われるゲレンデではありますが
登山道と同じく、高山植物の宝庫となりつつある

ハクサンチドリは終盤
画像

虫とりスミレ
画像

シラタマノキ
画像

トンボソウのお仲間
画像

さて、ゲレンデトップからはザンゲ坂
快適な登りであるが、スキー初心者の頃は泣いた坂である
何と言っても、いきなり連れて行かれる所なのである
画像

登るにつれ、周囲の立木の様子がおかしい
話には聞いていたが、地蔵山頂周辺のオオシラビソは、ほぼ全滅の状態であった
画像

色々と理由付けはあるのであろうが、人間様が原因であるのいは間違いない
もはや、回復不能の状況で、今の政治と一緒
(と、また余計な事を言う)
画像


さて、地蔵山頂駅
驚いたのは、地蔵様って、こんなに小さかった?
なにせ、冬、頭しか見たことが無かったもので・・・・・・

地蔵様は人間の色々な不幸の身代わりとなって下さるスーパーマンですので、大事にお参り

画像

ここから
ハクサンシャクナゲの群生を愛でながら、山頂へ

画像

たぶん、初登頂の三宝荒神山1703mはガスの中
韓国人観光客と一緒に登頂を祝いました

画像


登り4時間、下り2時間
由緒ある参道であるが、登山口から歩く人は稀なようだ。
散策路には観光客がチラホラ、ざんげ坂では登山者3パーティと出会った。
画像


宝沢口と呼ばれるこの道は、最も歴史のある蔵王への参道である

蔵王温泉コエド越えへの分岐にたつ、生き別れ地蔵様
蔵王への遠い不安な道のり、ここで安心を頂いて、いざ行かん
画像

蔵王ダムへの分岐路に建つ、蔵王大権現碑
参道に建つ10基の中で最大のもので、2m四方、高さは3m近くとなる
画像


画像

何万人が歩いたのであろう、深く掘り込まれた参道を進む
画像

一の木戸、跡
ここら蔵王への道が始まる、玄関のようなものか?
画像

画像

ウバ様が見守っている
ここから先は女人禁制
画像


参道は藪っぽいので、今はこんな近道があるようです
画像


宝沢に下ると、山形市内最大のケヤキの木
大木のある加茂神社は宝沢十二坊の一つであったと言われる

画像

木の上部は伐採され、樹高は10m程であるが、根の張りが素晴らしい
画像


さらに下って、坊原地区には高さ3.6mの蔵王権現様が祀られていると聞く
点在する石碑、神社、古い石積等々、道すがらの見る物は多く、車の運転には気を付けましょう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • ノンキーハイカーズ

    コースも地図で拝見。
    山形に行けない、将来は行けるかもしれない自然を丁寧に見れることに毎回感謝。
    花々に名前がついていることに驚きます。
    実は私は花オンチなんです。あれは桜、あれは椿、あれはツツジと。
    2017年07月24日 13:07
  • barabara

    山を歩く楽しみは、発見
    キョロキョロと見まわしながら歩くので、退屈しません。
    山菜と、花と、樹木と、冬は雪の結晶、一つ一つ確認して歩く。
    一番つまらないのは、残雪期でしょうか?
    図鑑で花の名前を覚えるのは植物学者の仕事。我々素人は、現場で、現物を何度も教えて頂いて、ようやく身に着くようです。
    2017年07月24日 21:09
  • トシヒコ

    随分歩かれましたね~
    ただただ驚きで見させていただきました。
    素晴らしい行動力に敬服いたしました。
    2017年08月29日 07:17
  • barabara

    夏の蔵王は殆ど知らないので、新鮮であります。
    昔は登る対象でなかった蔵王とか御所山、漸く味が分かる年齢に達したと言う所でしょうか。振子沢に行きたい。
    2017年08月29日 20:02

この記事へのトラックバック