左沢楯山城と神代カヤ

朝方、真っ白な月山に心を奪われつつ

色々との所要を済ませていると、山々は、ぼんやりと霞んできたい

桜が満開となったので、花見でも行きますか?
まずは、情報を仕入れに左沢駅(あてらざわ)へ
画像

中には、展示ホールがあり、一見の価値ありであるが、お昼時というのに観光客は無
売店のお姉さまが、かわいそうです

目に着いた楯山城案内図
画像

まづは、誰が名付けたか、日本一公園の展望から
画像

も少し天気は持ちそうの大朝日
画像

少しだけ花見
画像

楽しい藪こぎの予想を裏切り、手入れの行き届いた道がありました
画像

花見散歩の予定であるが、まだまだ浅い春の様相
笹藪の中には福寿草が少し
画像

放棄畑にはエンゴサク
画像

も少しするとキバナアマナ畑となる

段々畑ではなく、曲輪
これが全山に残るので、舞鶴山を上回る大規模な山城のようだ
画像

最高峰P222は八幡座と呼ばれる
天守閣があったのかなあ
画像

寺屋敷と呼ばれる大きな平坦地の近くには、現在発掘中のところ
画像

ここから藪っぽくなるが、道型ははっきりしている
画像

一旦、周回完了して、藪ぽい道をさらにくだると国道
画像

最上川を眺めながら、遅い昼食とする
画像

ザワセン(山形県人なら分かる)をくぐって、登り返しの道へ
画像

芽吹き前、花は少ない
画像


何山桜か?これから花盛り
画像


まだまだ、これから整備予定の道
勝手に歩いて良いものか・・・にしても道を紹介している図面が駅にあるので・・・・
今回のルート、地図紹介はなしということで


さて、左沢から西へ
十八才という地区に神代カヤがあると聞いている
道しるべはしっかりとしているので、迷わず到着
画像

ここから、案内板に従って車を進めると、行き止まり
すぐそばに公民館があり、そこに駐車可能でした

→をたどって、200m程の歩き
根廻り9m、東北最大といわれるが、葉っぱに覆われ、何かよくわからない
画像

樹冠の下に入って、ようやくご対面
画像

双幹であるが、カヤとしては間違いない巨木
画像

樹齢1000年を超えると言われる
画像

下垂する枝ぶりが素晴らしい
画像

今年初見
天気が悪いのでね
画像

残念ながら、本日の山菜の収穫はなし
(も少しというのはあったんですが、少しは取らないので)

でもオ
大っつきいホヤを頂き
画像

我が畑のタラの芽のテンプラ、フスべたセイサイとクキタチドンブリとで大御馳走
画像

今日はビールで乾杯
ホヤは今日は6個食べ、あす4個頂く
何という贅沢な、春の宴

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tabilogue2

    うまそうな「春の膳」ですな。左手の酒は”楯山”でしたか?
    いいところですね キバナアマナの咲く頃?いつだろう 行ってみようかな 
    2018年04月21日 06:27
  • barabara

    キバナアマナは、丁度今頃咲いていると思われます。
    平地の桜の季節は終わり、今日と明日は好天。
    輝くような新緑の時期となり、緑は一気に山へ駆け上がる。
    ぼやぼやしていると、遅れを取ってしまいそうです。
    2018年04月21日 06:52

この記事へのトラックバック