新緑満喫の豪士山

さて、ゴールデンウイーク

行きたい所はたくさんあるが、出来れば、新緑にドップリと浸りたい
標高低めの1022m、まほろばの里高畠町にある豪士山に向かった


栗子山から鳩峰峠に至る、非常に気になる稜線は未踏で、その山々がどこなのか?
遠望してもさっぱり分からない。
近づいても、どの山かさっぱり分からない
画像


元宮キャンプ場には詳細な案内板
隣には、地元の方々の心のこもった登山ポストがありました
画像

まばゆいばかりの、新緑
画像

ミヅナラの開花
でなくて、開はっぱ
画像

道の状態が不安であるが、《ひかば越え》沢コースを選択
画像

新緑と、せせらぎとの心地よい道が大好きなので
(意地汚く、山菜も大好きなので)
画像


次第に道はこんな、感じとなり、へっぴり腰で進むしかない
画像

残雪が現れ、少し危険であるが、お楽しみのひとつ、とも言える

画像

穏やかな沢であるが、このあたりから少し険しくなる
画像

画像

二股
水量の少ない、左の沢に道が続く
画像

ちょっと危険道なので、沢筋を行こう
画像

ここは、沢も道も通行不能
高巻く(巻ける)
画像

一体どこまで続くと思いつつ
漸く、穏やかな春の小沢道となり、一安心
画像

画像

足元のカタバミ
画像

美味しい湧水で喉を潤し、休憩す
画像

山雪と新緑とが素晴らしい
(ここで、少し道を失う)
画像


イワウチワ咲く、最後の登り
急坂であるが、丁寧につづら折りに整備されており、歩きやすい
画像

ひかば越え、着

この峠、いったどういう云われがあるのであろうか?
そういえば、車道脇には立派な石塔などがありました
画像

駒ケ岳方面
そのうち周回しましょう
画像

芽吹いたばかりの、県境尾根は灌木が主で、結構展望がある
遠くに吾妻の山々が望め、見慣れない山容の朝日連峰は、一瞬月山かと見間違う
画像

画像

予想していたより急でありました
豪士山への登り
画像



さて、山頂へ至る道は確認できないまま、下り道
地図を見る限り、山頂への道は無いのであろうと早合点

で、雪渓を下ってしまった
画像

藪を漕いで、正規の道へ
事前に登山道を確認すべきでありました

途中、真新しい熊の足跡を眺めつつ
豪士峠着
安心の道しるべです
画像

ここからは、整備された春の道を一気に下る
画像

画像

画像

画像

新緑を満喫し放題
画像

こころ行くまで、満喫
(山菜も取り放題)
画像


今度は、あっちも歩いてみよう
画像


標高は低いながら、趣のある山域でありました
画像

青線が登山道だそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • cheeze

    残雪期の沢道は難しくなることが多いですね。水量が多く清々しいのはいいのですが。barabaraさんは沢登りも山菜取りもなさるから慣れておられるのでしょう。
    私は先日杢蔵山で雪壁に行き詰まり、下手に高巻きしようとして難儀しました。あとで考えると、雪壁登るのが正解だったんですがね…
    豪士山と駒ヶ岳の周回、とても興味がありますが、なかなか遠い感じで未踏のままです。
    2018年05月01日 19:18
  • barabara

    全て、私の我儘の山歩きです。
    本当は尾根道と考えていたのですが、新緑を見て沢道を選んでました。
    高巻きの所では撤退も視野に入れておりましたが、《行く》との事でした。二口山系から比べれば、それ程険しい山ではないようです。
    今、山菜と雪壁をクリアする新兵器を考慮中です。(意味不明)
    私が一番好きな山、火打岳にも行かれたようで、行きたくて、行きたくて
    、しかたなくなりましたヨ。
    2018年05月01日 20:19
  • tabilogue2

    だいぶ 楽しめたようで…何よりでした。
    もう 30年ほど昔になりましたねえ 豪士峠は…
    2018年05月02日 16:16
  • barabara

    そう、思う存分、遊んできました。
    標高は1000m程度ながら、思いのほか、ブナ林と展望が素晴らしい所でした。来週以降は花盛りの稜線となると思われます。30年ぶりに行ってみては如何でしょうか。
    2018年05月02日 20:05

この記事へのトラックバック