10日早いサクランボ

毎日朝仕事2時間、りんごのオロヌキに励んだが、全く進まない。

可哀そうに、実に養分を吸い取られ、少ししか葉っぱを出せない枝も多い。

(毎年、毎年、同じ事の繰り返し・・・・・進歩がないネ)

画像


もはや、リンゴにかまってはいられないようだ。

例年より10日程早く、サクランボが色づき始めてきた。
画像

今年は豊作
リンゴにかまけ、さくらんぼのオロヌキを適当にした結果、2~3倍の果実が鈴なり



画像

でもウ、元気な枝なので大丈夫  (の予定)
画像


2兎追う者は、1兎も得づ・・・・・

んでは、簡単に終わる、梨の木のオロヌキを先に終わそう!
ということで、朝食後

軽く、一時間程で終了
画像

ワラビまだまだ出るが、食べ飽きたので、終了
毎年恒例、赤コゴミとワラビ取り山行きは、パス

画像

別の畑に行けば、次々と見えてくる、ほかの仕事
ナンマイ(みつばうつぎ)を切らねば

時期を逸してしまったが、古い枝を切って、来年用に新枝を伸ばす必要があるのだ
これでまた、一時間
画像


ようやく、スッキリした頃には10時を回る
画像


今日は30度の真夏日
テントの真下は灼熱
画像


でも、葉っぱが元気な木の下はそれ程でもない
画像


今日の仕事は、その元気な新枝を切ること
新枝が沢山 = 木が元気な証拠、美味しいサクランボが実る

サクランボの実に日光を与えないと売り物にはならないのでね

画像

たわわに実った枝、重たくて垂れ下がるので、枝吊りもまた一仕事

画像

畑以外にも何だかんだと色々ある、色々と用事を済ませ

結局、予定の半分も進まず、貴重な日曜日が終わった

画像


人事を尽して、天命を待つ
後は、おばさま夫婦の力を借りましょうか?
(意味が違うか?)




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック