ウバコースから最上かご

紅葉は進まず、キノコ目当て
今日も所用があり、午前中限定コース

といえば近場の御所山方面しか選択肢はない?

関所、黒伏山
眠そうな顔でお出迎え
画像


でも、ウバコース入口では、スッキリと白森
画像

破線の登山道、今年は刈り払いされている様子
朝露で濡れる事もなく歩ける(長靴は)
画像

時折、柴倉山が望めるのが楽しみ
画像


朝日に輝く、野川本流に到着
画像

トリカブトが花盛り
画像

本流を離れ、ウバ沢へ
画像

滝の上からは左岸に道は続く
迷いやすい道も、地元山岳会が整備?
したようで、ピンクテープが導いてくれる
元々、藪は薄いので、道しるべが有れば、何の事も無い道
画像

素晴らしき、ブナの林
画像

道が沢に近づくと、少し急な草付となる
元々の道は崩壊気味なので、少し上を適当に巻く
画像

振り返って見ると大した事がないが
このコースの一番のポイント地点
下山時はここを見逃さないように
画像

ここからは沢沿いがコースとなる
画像

御所山特有のブナ林
画像

画像

小さい案内板のある二股
中央尾根に道が続くが、すぐに右沢に降りる
今日は、全て道しるべが導いてくれるので、楽ちん
画像

沢を埋め尽くしていた倒木も少なく、楽ちん
刈り払いも良好で、歩きやすい状況となっていた
画像

一時間半程、あっけなく、姥様到着
中々良い笑顔です
画像


山の親爺様に倒された道標が痛々しい
大沢小屋への道は藪で覆われているが、少し入って見ると刈り払いがある。
見知らぬ人が立ち入らぬように、仕込まれているようだ。

ここから、柴倉山コースへ
と思ったりもするが、午前中では無理そうで
穏やかな稜線を戻る事にする

船形山、山頂
少しだけ、紅葉が始まっている様子
画像

こちらからは、ぱっとしない最上加護
画像

山頂への藪を掻き分けつつ、仙台加護

画像

今日は日が射さないまま経過
画像

山頂から、黒伏山
この光景、晩秋の時期が素晴らしい
画像

後は、お気に入りのブナ林を下山
画像


さて、キノコ
残念ながら、サワモダシは流れ
第二弾の発生に期待しましょう
画像

ウスヒラタケが少し
画像

ナメコもほんの少しだけだが
きらめきに満足
画像

毒々しいツキヨタケとブナカノカの競演
こちらは平年並み
画像

ここで一句
【急な崖、登って見れば、ツキヨタケ】
近眼なので
画像


帰路の黒伏山
思いのほか天気は持っている様子
画像

今年
かなり整備されてます。自己責任でどうぞ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック