浄の滝と長倉の大杉

毎年恒例、9月のプチ遠征
思い込みから来るトラブルがあり、予定を変更して、肘折温泉をベースに色々と廻った

まずは、標高たったの573mの今熊山方面
豪雨の爪跡は至る所にある

画像

昔、昔、見かけているはずの念仏温泉は休業中

画像

始めてみる源泉はキラキラと輝いていた
少しぬる目
画像


ブナの原生林

気分良く歩いて行ったが、御池に下る所で
聞き覚えのある、小犬のような可愛い鳴き声
と、地鳴りのような威嚇音

何度声をかけても逃げる様子は無く、速やかに撤退
何つたって、いま熊ヤマ、でありました



再び
豪雨の爪跡を通りつつ
角川源流域へ

駐車場にはトイレも有り、遊歩道といった趣
途中、少しだけ分かりにくい所

画像

古いロープが上へ、新しいロープが下へ

結局沢沿いを歩くのが正解
単なる観光地とは言えないの道のようだ

画像

途中、今熊山方面への分岐を分け
30分程
画像

異様な風景が広がる
画像


画像


浄の滝、下段部は20m程でさほどでもない
画像

上段の滝、
その奥には、どんな世界があるのであろうか
画像

山形滝王国のサイト
https://www.youtube.com/watch?v=Tq1IPwe-TQQ
こんな所、登る人がいるのかと言われる飯豊の梅花皮の滝
https://youtu.be/UkbSYMCiX3Y?t=4
それを超える世界がそこに有ります。



立ち尽くす、人々
画像


未だに残る、イワショウブ
画像

何度か見てはいるものの、今年の初ショット
画像



戸沢村は見どころ満載
戻って、長倉の大杉

初めて見る巨木に、呆然とする、の図
画像


画像


偽り無く、幹周12m、樹高40m
樹齢1200年は推定
画像


枯れ枝も少なく、樹皮もツヤツヤ、まだまだ元気な巨木です


さて、きのこ
肘折温泉の朝市では、舞茸がポツポツ
その他のキノコは、不作で推移しているようだ

まともなサワモダシが少しだけ
画像


ウスヒラタケはもう少しだけ、大きい方が良いナア
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

  • ノンキーハイカーズ

    浄の滝を流れ落ちる様と両サイドの岩場には見ごたえがあります。大杉の巨木には神秘的さえ感じます。 熊がいるんですね。一人では躊躇します。九州では絶滅しています。
    2018年09月29日 13:43
  • barabara

    数ある山形の名瀑と比較すれば、浄の滝自体はそれ程ではありません。
    が、その奥が素晴らしい(ようだ)
    https://www.youtube.com/watch?v=Tq1IPwe-TQQ
    を見てくださいネ。
    月山の東に横たわる、標高1000程度の秘境の山々。
    そこには、こんな風景が至る所に、散らばっております。
    最近の熊さんは逃げていかないので、クマった。
    2018年09月29日 20:06

この記事へのトラックバック