本日も4時間コース、鎌沢から清水峠

本日も足慣らし
何せ、田んぼが待っている(ヘクサ取り)ので、11時には帰りたい

高沢から
DSCN8672.jpg

何度か沢を渡る、古への道
DSCN8679.jpg
今日も主役は同じ花
DSCN8681.jpg
飽きない花
P9080001.jpg
P9080004.jpg
P9080009.jpg


今年初、センジュガンピが一株
P9080011.jpg

綺麗に刈りはらわれた古道から踏み跡へ
この古道は地元の方々で手入れされている。感謝。感謝。感謝。
刈り払いがなされなければ、一年で藪に覆い尽くされてしまうだろう

でも、ここから右手へ
朝露でずぶ濡れ
DSCN8683.jpg
沢に降り立ち、秋の花が咲き誇る
ソバナ
P9080016.jpg
サラシナショウマ
P9080020.jpg
チョウジギク
P9080013.jpg
ダイモンジソウ
P9080024.jpg
チャルメルソウと唱えていたが、クロクモソウのようだ
P9080025.jpg
何とかトリカブト
P9080039.jpg

全くもって、いい所だ
DSCN8685.jpg
いい所だ
DSCN8690.jpg
程なく、一つ目
右(左岸)の巻道を行く
DSCN8686.jpg
滝上20m程先に降り立ち
再びナメ床が続く
DSCN8687.jpg
二つ目
前回は下りなので巻き道を使ったが、本日は軽く中央を
DSCN8688.jpg
ごぶさたしておりました
DSCN8689.jpg
三つめ
巻き道は見当たらないが、楽
DSCN8692.jpg

いつもの滑らない長靴なのでネ
DSCN8691.jpg
ナメが終わって、程なく
左手の沢へ行けとピンクテープ
DSCN8693.jpg
途中、踏み跡を見失ったが、大差はない
無風の登山道着

P9080027.jpg

ここへ来るまで、山形神室へと思っていたが
ブナの林に導かれ、北の道へ
DSCN8694.jpg

小さい登り下り
従って、時折展望が開ける
仙台側は雲海であった
DSCN8705.jpg
真っ先に探す、白森
DSCN8702.jpg
仙台神室
DSCN8707.jpg

振り返って山形神室、やっぱり登らないで良かった
ガスが上がってきた
DSCN8715.jpg
オヤマノリンドウはこれからが花盛り
P9080033.jpg
糸岳から面白山へ至る稜線も姿を現す
この稜線道を歩ければ、中央の山々、何処でも歩けると言われる
DSCN8717.jpg
思ったより時間がかかって、清水峠
熊の被害がない標柱は、目づらしい
このコースおやじ様の気配はない

DSCN8719.jpg

素敵なブナ林と古道
DSCN8722.jpg
林床にはオヤリハグマかな?
P9080040.jpg

フカフカの道を下って
DSCN8724.jpg
初秋を堪能

キノコはこんなもの
食べられる?
DSCN8725.jpg


export.png





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント