農家は本日で終了

ようやく初冠雪
ようやく初霜

例年の、りんご収穫始めの季節になりました

PB040001.jpg
収穫始めでありますが、本日で収穫終了

春先からの黒星病の蔓延が延々と続き
くじけそうな思いの中、ようやく迎えた収穫
PB040003.jpg
でも、よおく眺めると
良い果実は少なくて、黒星病に耐えたジュース用
PB040007.jpg
黒星をまぬがれた小さなりんごは、加工用りんご
PB040006.jpg
満足できる果実は少ない
PB100006.jpg

寒さも不十分で、蜜の入りは期待できそうにもない
例年の1/3にも満たないが、収穫完了
PB100004.jpg
嫌味を言われながらも、ここまで待ってくれた工事業者様には感謝です

DSC_0003.jpg
ここは塚(古墳)でありますが
結局何も出て来なかった様子
DSC_0002.jpg
そして、収穫を終えた木が次々と倒されていく
DSC_0012.jpg
PB100003.jpg

最後ぐらい、良いりんごを作りたいものだが
世の中こんなものかも知れない

後片付けも終え、
DSC_0005.jpg
長い間、大変お世話になりました
一礼

プロとして30年以上続けた【農家】は本日で終了
今後は、家庭菜園だけなので、気楽も気楽

安くて美味しい果物を提供します、なんてボランティアは本日で終了します
手間ヒマをかけた分だけ、評価をしてくれる世の中になって欲しいものだ

本日の庭の花
いつまで咲き続けるのかのホトギス
PB100011.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • tabilogue2

    なんと申し上げていいのやら・・・。農の従事者が農から離れるという理解でいいんでしょうか?それは辛いわけですが・・・「諦め」という結びへの序章なんでしょうかねえ?

    諸事情はあるにせよ、大規模農業経営主体の農業政策で小農は隙間産業化せざるを得ないわけで。。。農への夢、経営って、、、後継者=
    若輩者に描けるものなんでしょうかね? 先が見えないで、夢もどうやって描くのか? 詰まりますねえ
    2019年11月11日 20:31
  • barabara

    何の事でもなく、果樹で大忙しの6月・10月・11月が即ち、山々が輝いている季節(冬の次に)でありまして、さらに竹の演奏会と重なっている訳で、これ幸いと行った所でしょうか。貸し手は多いが、今よりも大規模ではネ。
    熟練した農家でさえ、手まヒマと情熱をかけて漸く商品たる果実ができる。で、収入はポッチリ。未練は残るが・・・。
    政治が音頭を取って補助金出して、スマート農業だって?
    口先政治。国の金を無駄にばらまいて、放射能をばらまいて、誰も責任を取らない。
    2019年11月12日 19:22