岩部山三十三観音

いやいや困った
一月も末、未だ、雪がない

おかげで、山に行く気も起きないので、気になっていた岩部山へ
(そう、誰かに責任を押し付けて、勝手気まま)

途中、きじまラーメンで腹ごしらえ
看板はありませんが、美味しいと評判の店

DSC_0060.jpg
岩部山の入り口
DSCN9665.jpg

駐車場の案内板に導かれ

DSCN9605.jpg
枯野原でも岩がアクセントとなる
DSCN9608.jpg
昔々来たときはなかった観音様
ここは立ち入り禁止

DSCN9610.jpg
岩窟、これらは親父様の住処かもね
DSCN9614.jpg

スズメバチの巣(跡)
この地域ではマムシと共に名物で
夏から秋は避けるべきかも知れぬ
DSCN9615.jpg
少しの鎖場
DSCN9620.jpg
DSCN9622.jpg
上がって、見晴らし台は天狗岩と呼ばれ、絶景
大洞山方面
DSCN9623.jpg
DSCN9624.jpg
南陽市方面
DSCN9638.jpg

ここで道をはづれ、頂上への踏跡をたどる
ここは岩部山楯跡
DSCN9628.jpg
戦国時代、米沢を治めていた上杉の遺構は至る所に残る
朝日軍道は有名だが、最上との境界付近、名もない山に曲輪が残っていたりする
全ては、最上義光を牽制するために作られたものだ

DSCN9630.jpg
最前線の中山城
近年、国道バイパスが開通するまで武家屋敷が残っていた
DSCN9631.jpg
その先に、物見山
DSCN9633.jpg

一番お気に入りの観音様
少し分かりにくい所に鎮座
DSCN9639.jpg
岩から岩へ道を繋いで
DSCN9642.jpg
奥に鎮座
DSCN9643.jpg
岩の上に鎮座
DSCN9645.jpg



三十三番目の観音様から逆回りで
六番の次は二十九番で一旦下山
DSCN9649.jpg

再び山の中へ
胎内くぐり?を抜けて
DSCN9653.jpg
二・三・四・五番が一連
DSCN9650.jpg

番号なしの地蔵様
この岩の上で鳴き声(多分親父様)
DSCN9654.jpg
一番の観音様
DSCN9656.jpg
岩の南の踏跡を辿って、上には立岩
怖くてこの先には行けない
DSCN9657.jpg

お疲れさまでした
約3時間の散策
DSCN9662.jpg
思ったより長い道のりでありました
山形県のホームページ『山形熊マップ』で確認すると、今年1月7日に熊さんが目撃されている。(緑の点)
暖冬で、冬も気を抜けない異常な状態であります。
export.png

おまけ
すぐ傍にある史跡に立ち寄った
明治初代県令が作らせた石橋
吉田橋
DSCN9671.jpg

何とも凝りに凝った橋で、石の窪みにはお賽銭が入っていたりするが
大型トラックも通る現役の橋である
昔人は素晴らしい技術を持っていたと感服するしかない
DSCN9667.jpg
その先に、もひとつ
DSCN9674.jpg
小岩沢橋、又の名を蛇橋と呼ばれる
補修している様子
DSCN9673.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント