岩谷十八夜観音

先週歩いた古道
一体、何?広がる謎!
便利だねのネット検索

だけでは無く、やっぱり5万分の1の地図を眺めながら・・・・・
点々の道、道、そうかあ、

昔行った鳥海神社、葉山神社が周囲に散らばり
今日は行ったことのない、月山(つきやま)神社から
DSCN9702.jpg
左手に、古道が伸びる
DSCN9703.jpg

岩谷観音に沿って流れる、石子沢川。
その山すそにあるのが柳沢
地元ではヤギサワと呼んでいるが、奈良時代の出羽国最上郡の八ケ郷の一つに、八木と記されているのはこの地だろうか?
当然、我町芳賀郷が中心地で、日の沈む山(岩谷)は死者の霊が死後に赴く山とされていた
昭和55年まで、おなかま(恐山のイタコ)が残っていた・・・・・などと

これも久しぶりの岩谷
昔は細い砂利道だったという怪しい記憶。今は立派な広域農道を通って
DSCN9704.jpg
今日は地図上の古道を歩く予定で来たのだが
DSCN9705.jpg
立入禁止の看板だらけの道をたどり、南の道へ
道型はあるが、次第に藪が濃くなる
奥の院の岩窟だけでも見てみたいが、もう少し先の様子。
気持ちが乗らず、速やかに撤退
DSCN9706.jpg
色々と史跡は有るのだが、大半は藪に埋もれているのかな?
DSCN9710.jpg
少なくとも六つの参道(古道)があり、伊勢参りと並び称された奥山参りが盛んになる前の時代
こちらの方が賑わっていたのかも知れない。
二口峠の千本桂脇に建つ十八夜供養塔は岩谷への道しるべ

春になったら、もう少し歩いてみよう


さあて困った(日常生活では快適至極な)暖冬
準備した除雪道具は一回も出動なしで、裏の畑の野菜は春先の様相
DSCN9719.jpg
小松菜と青菜の茎立ちと、食べ頃だって
DSCN9718.jpg
そういえば、青菜の漬物はどうなっているんだろう
食べる気もしないが

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント