船形山(観音寺口)

本日はサクランボの収穫の最盛期であろうか?
快晴の空
忙しそうな果樹園の方々を横目に、
私と言えば少しだけ余裕、で山へ

ご無沙汰の黒伏山
P6210032.jpg
柴倉山に挨拶
P6210035.jpg
帰ってきた、ブナの道
DSCN0661.jpg
DSCN0657.jpg
最上カゴに挨拶し
DSCN0663.jpg
道脇にはズダヤクュシュが花盛りで
DSCN0656.jpg
特別の花はないけれども
DSCN0664.jpg
アカモノは今年初見
P6210050.jpg
名残のサンカヨウは、花弁を落とすばかり
P6210041.jpg
朝の光を受ける、ウラジロヨウラク
P6210043.jpg
仙台カゴを過ぎると
さて、ここからは40年ぶりの道となる
DSCN0668.jpg
一体どこまで下るんだ、船形山ははるか彼方で
ようやく、仙交小屋跡のキャンプサイト、標高1000m
DSCN0669.jpg
雰囲気のある、良いところだ
ここまで、寒いくらいで汗もかかないので、体調が今一つ

ここからブナ林の登り、
汗と共に体の毒素を吐き出し、ようやく心地良い歩きとなる
DSCN0670.jpg
P1254付近で名残のツバメオモト
P6210054.jpg
急な登りしか記憶にはなかったが、中間地点で一息
そして、ようやく全貌を現した山頂
DSCN0675.jpg
赤茶けた火山灰の急登は何となく記憶にあり
山頂はもうすぐで
DSCN0696.jpg

眼下の最上の展望がすばらすい
DSCN0678.jpg
険しい御所の山々だが
主峰から望めば、ただの小山にしか見えない
DSCN0676.jpg
40年ぶりの山頂だが、全く初めての感じで、
意外といい所でないか?
DSCN0682.jpg
展望と
DSCN0684.jpg
山波と
DSCN0683.jpg
お花畑もある
DSCN0687.jpg
皆さん、最上の山々を眺めて昼食中
DSCN0691.jpg

とある登山者に、この花なあにと聞かれて
良く確認もせず、適当に、どこでも見られる、ヨツバシオガマと答えたが
写真をよく見ると、ミヤマシオガマの様です
嘘を言ってごめんなさい
P6210067.jpg
こじんまりと、様々な花が見られるようで
小屋の前にはブーケ風のウスユキソウ
DSCN0686.jpg


食わず嫌いだった船形山
いい所でありました

解読不明の石碑
DSCN0693.jpg

本日の山の幸
ほぼ終了の笹竹少しと
半分腐れているが食べられそうなモダシ
DSCN0698.jpg

下って、観音寺口の駐車場は満員御礼
大半が山形ナンバーで
県民から愛されてきた道だった様です






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント