月山のクロユリ

未だ見ぬ花(だったと思う)
月山のクロユリを見に行った

天気が今一つなので、らくちんリフトを選択で
DSCN0720.jpg
姥ケ岳の草原
チングルマなどは終わり加減だが
これからが本番の花も多い

DSCN0724.jpg
見まうことのないヨツバシオガマ、とキスゲは蕾
DSCN0726.jpg
P7050012.jpg
派手過ぎて、アップには耐えられない
P7050016.jpg
金姥への下り道、既に綿毛のチングルマ
DSCN0729.jpg
エーデルワイスは今一つつまらんの花で
西蔵王のチチコグサの方が綺麗だと思うふぁ
P7050013.jpg
柴灯森手前
P7050011.jpg
牛首付近は冬の様相
DSCN0730.jpg
山頂への道
こちらも、花は盛りを過ぎ
DSCN0734.jpg
残っていた花をアップ
P7050027.jpg

P7050067.jpg
交雑種とか、良く分からん
P7050019.jpg
P7050021.jpg
小さすぎる、コケモモ
P7050026.jpg
濡れそぼるチングルマ
P7050072.jpg
強風の中、山頂草原へ
P7050059.jpg
メガネが曇って歩けないが
本日のターゲットをようやく発見

P7050057.jpg
ソコソコ咲いてましたが、条件が悪く
早く、風の弱い所まで下ろう!!

鍛冶小屋跡まで戻って早めの昼食
下って、
道行く人々にアイゼンは要りますかと聞かれる
私は大丈夫と思っても、滑落する人は多々いる
同行者に不安があるのであれば、アイゼンは必要でありますが

まあ、氷結部分は少なく、落ちても死ぬことはなさそうなので、大丈夫と答えたが
大丈夫だったか?

牛首下の道は未だ冬

DSCN0737.jpg



ヒナウスユキソウもこれからで
P7050005.jpg
バイカオウレン
本日、雪解けの傍らに咲き誇り、一番きれいな花でありました
P7050002.jpg

姥沢小屋コースへ
(タケノコを少しだけ頂く予定)
DSCN0744.jpg
この辺で、トレランの方とすれ違ったが
この先、雪渓の終わる所、タケノコの出そうな所で

フッフという荒い息、グフォグフォ
遠くまで逃げて行った様子は無かったが、姿は見えづ
(じっくりと確認する余裕はなく)
スタスタと普通に下って来たが、どうなんでしょうか?
何故、私だけ唸られる?

この先、笹竹を探す余裕は無く
声を掛けながら歩くことになる
そして、雪渓より危険な木道の下り
滑って転んで、頭を打たないように、要注意だ


最後の水場、のお花畑
DSCN0747.jpg

ここで月山も見納めだヨ
(見えなかったが)
DSCN0749.jpg

結局、収穫は20本程
まあ十分と言えばそれまで

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント