鷹返山(村山虚空蔵院)

春探しは高畠町が定番であったが

今年は北郡へ
午後2時、東沢バラ公園到着、

DSCN3630.jpg
開園されてない園内だが、自由に散策できる
村山市民の憩いの場として、親しまれている場所のようだ
DSCN3695.jpg
散策の方々が適度に散らばっていて
自然と、こんにちわの挨拶が交わされる
皆さん、にこやかに春を満喫している

山際では、キバナアマナが開花
P4030038.jpg

楯山周辺へと考えていたが、
道は沢山。何処でも歩ける
DSCN3682.jpg
虚空蔵院参道、程よい山道が歩けるようだ
DSCN3629.jpg
鳥居をくぐって、石段の道
丁度良い段差で歩き易い
DSCN3631.jpg
明るい松林だが、今年の雪折れ被害が目立つ
DSCN3634.jpg
P4030002.jpg
マンサクは終盤へ向かっていたが、咲き始めを選んで
P4030016.jpg

今年初見の花々
P4030005.jpg
花見はオクチョウジザクラで
P4030024.jpg
キブシが咲き始め
P4030036.jpg
オオカメノキも準備完了
P4030032.jpg
山の幸も、来週からポツポツ?
P4030003.jpg

中腹に位置する虚空蔵院に到着
DSCN3636.jpg
仏教独特の説明文、むづかしくてよく分からないが
虚空(壮大な世界)が山川草木獣虫等々全ての物を蔵している
これを慈雨(人々の恵み)し、人々を幸福にする
という事らしい

ここから市街地の展望
DSCN3638.jpg
春霞と逆光だが、村山葉山をズーム
朝方であれば、外輪の雪壁が光っていたかも知れない
DSCN3641.jpg
鐘楼堂はすぐそこ
DSCN3643.jpg
2回ほど突いて、一時、煩悩を消して頂く
DSCN3644.jpg

急坂を登りきる頃
石積みや曲輪が現れる
寺社跡か?、山城の見張櫓の跡か?
DSCN3648.jpg
鷹返山山頂 標高360m
ここが奥の院とされている
DSCN3650.jpg

山頂からの景色は木の間越しだが
北の道へ進めば、時折スッキリとした展望が開ける

春浅い、甑岳は標高1015m
ここに登ったのは、さて、いつだったが記憶にない
DSCN3661.jpg
その北の大平山?特異な山容に目を惹かれ
登高予定にリストアップ
DSCN3663.jpg

その左手は栗駒か?
DSCN3667.jpg

南斜面にはタムシバが結構咲いているのだが、
稜線は気温が低いのか、これからで
DSCN3669.jpg

下るにつれ、まるで墓場のような赤松の林
DSCN3678.jpg
根元が腐れ掛かっていて、風の吹く日は危険です
DSCN3676.jpg

東沢ため池の末端に到着
帰し方を望む
DSCN3680.jpg
ここで4時。も少し歩こう
東楯山へ
DSCN3692.jpg
市街地
DSCN3689.jpg
鷹返山
DSCN3693.jpg
色々とコースが有るようで
桜の季節に、また再訪しましょう
export (11).jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント