置賜の山々を遠望

今日は仕事で、置賜地区を廻って来ました

こちらの山々は、殆ど手付かずで残っております。(未踏)

吾妻山系は、天元台から若女平まで、スキーで下った事が有るだけ。
画像


栗子山方面は全く知らづ
画像

飯森山は夏に登った事がある
下山時は無名沢を下り、何か貴重な大群落に出会った記憶がある
なんだっけ?
画像

米沢市から望む蔵王山
は、今一つの山容
なんと言えば、廻りの山々が素晴らし過ぎるから
画像

米沢からは、何といっても、飯豊が一番の山容で素晴らしい
(写真はありません)
村山から望む月山、庄内や新庄から望む鳥海、と同様、置賜のシンボル的な山は飯豊山かと思われる

長井葉山の奥に大朝日岳

画像

この地方では、今一つ目立たない山
画像

その左手に目を引く、真っ白な山々
祝瓶山から連なる連山、三体山方面か?
画像

川原の土手には、日本タンポポの群生で、嬉しくなる
置賜地方の自然も豊かである
画像

傍らには、ミチノクエンゴサク
画像


キバナノアマナも至る所に
画像

長井から望む葉山。ここも未踏

柳が芽吹き、春が一気に加速する目印
画像

白鷹町に入ると、目につくのが頭殿山
通るたび、いつも気になっていた山
これも未踏で、今年の重点目標
画像

画像

柳は今が花盛り
画像

画像

画像

柳は種類が多く、名前の特定が大変
スミレも同じで、名前はよく分からない、
大型の、なんとかタチツボスミレ
画像

今年初見、カタクリは今が花盛り
画像


そして

山形に帰ると、ソメイヨシノは3分咲きでありました

画像

夕暮れ時なので、ブレてます
画像

"置賜の山々を遠望"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: