展望の山 白鷹山(大平口)

病み上がりの体ではあるが、素晴らしき空
好天に誘われて、白鷹山へ

足跡多数、でも今日の先行者は2名の様子
DSCN3000.jpg

いくらか新雪が積もっているようで
キラキラと光る
これを見ただけで充分満足だ、などと思いつつ
DSCN2986.jpg

しかしながら、体は重く
足取りはふらつく感覚

DSCN3006.jpg

ペースを落として、ゆっくりと歩こう
DSCN3007.jpg

鉄塔まで30分
葉山の奥に新庄神室
鳥海も顔をのぞかせる
DSCN3011.jpg

送電線が邪魔だが、純白の月山に満足
DSCN3018.jpg

急坂で、ひと汗かいて、
ようやく足取りがしっかりとする
DSCN3024.jpg
大鷹ブナまで来れば、稜線は間もなく
DSCN3026.jpg
固く締まった雪
ツボ足で全く支障ない

稜線からは散策気分
DSCN3034.jpg

木の間に臨む山頂
DSCN3152.jpg

その右手には、純白の以東岳
DSCN3161.jpg

赤見堂
DSCN3040.jpg
御所の峰々
DSCN3046.jpg
沢渡黒伏から柴倉山をズーム

DSCN3053.jpg
たおやかな尾根歩き
山頂まではもう少し
DSCN3045.jpg
ブナ林を進む
DSCN3147.jpg
2礼、2拍手
DSCN3061.jpg

思っていたより体調は良く
もう少し歩こう
DSCN3076.jpg

山頂からの展望は限られているが
大朝日岳が素晴らしい
DSCN3072.jpg

結構遠く、長い道
スノーモービルの爆音を聞きながら到着
DSCN3087.jpg
こういう事でしたか!
この寒い中、素晴らしき根性
DSCN3089.jpg
飯豊の峰が近い
DSCN3105.jpg
散居集落と飯豊本山の図
DSCN3108.jpg


風は弱く、後方から、ライディグはいつの事になるやら
DSCN3100.jpg

再度、大朝日を眺め
DSCN3114.jpg
戻ります


内陸の中心部に位置するだけあって、
立ち止まる事が多々

再び、奥羽の峰々
DSCN3115.jpg
雁戸山
DSCN3120.jpg
山頂へ登り返し
DSCN3133.jpg

大平へ戻って来た
3時間弱の、丁度良い行程
DSCN3171.jpg

ハンノキの花穂がずいぶと伸びていて、
いつの間にか、春が進んでいた
DSCN3174.jpg

"展望の山 白鷹山(大平口)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: