北月山の秘境火打岳へ

毎朝、今日のお山はどうかと確認する山 それが月山 8合目まで車道があり、至る所から登山口が切り開かれている しかしながら、その懐は深く 未知の山や川、そして池沼が散らばる秘境とも言える山域だ 昔昔、鹿の沢川を詰めてチャレンジしたが、目の前にそそり立つ岩に心が萎えてしまった山 それが火打岳で、心に引っかかりつつ、30年経過 この度、ごぶさたの山岳会山行で再びチャレンジ …

続きを読む

3月、こんな春で良い分けはない

今週末はご祝儀で東京に2泊 雨模様で肌寒い 用事を済ませ、何も用事がないので、そそくさと戻るのは何時もの事 白河を過ぎると雨も上がり 米沢では田んぼの地面が見え始め 1ケ月早い雪解け 山形は15度越えとなっていた 畑では、フキノトウが食べごろ アサツキも食べごろ 三つ葉も活動開始 サヤエンドウは順調に芽吹いているが 守ってくれる雪が無い。 …

続きを読む

月山(姥沢まで散策)

晴天=真っ赤に染まる山々 を期待した翌朝であったが、今一つ雲が多く、山頂は雲の中 鍋森方面が少しだけ染まる 夜明けと共に出発する方々 私と言えば、一旦お宿に戻り、豪華な朝食を食べて、ゆっくりと、2時間後に出発 いつの間にか、快晴 本日の標的は湯殿山、神々しい純白の山だ (でも、登るのではなく、眺める事が目的です) 昨日歩いたネイチャーセンターに至る…

続きを読む

剪定始め、と雪旅籠の灯り

天気も良いし、りんご畑へ初出勤 まだ2月だと言うのに、全く雪はない まとまった降雪がなく、雨の日も多かった、変な2月 が、この有様は、雪による枝折れ そして、倒れつきた木 弱っていた木であり、そろそろ寿命か? さて、サクランボは今年まで収穫可能なので、剪定開始 いい枝ぶり、だべ? 剪定の極意は単純で、主枝の先端を元気にする事 先端が元気だと枝…

続きを読む

大岡山へ

今日は水曜日だが、近所で不幸があり、午後からお休みを頂く たるみ切った腹、礼服のズボンがきつい 天気も良いし、 んでは、ちっと山へ、ダイエット 御無沙汰の大岡山 午後3時過ぎ出発 何は無くても、斜光がある 青野へ至る分岐 訪れる度にバージョンアップする、この山 新ルートがあるようです 気のきいた表示板も増殖中 でも、原作者が変わったのか、お茶…

続きを読む

どぶろく

本日の夕食 煮込みと焼き魚は完食済みで、残り物かな 何回目だろう、ヒョウの煮物 ヒョウ干しも残り少ない そして、本日で最後の一杯 山菜のお師匠様からの頂き物、どぶろく ふつふつと、未だ発酵途中 今年は、味も、香りも最高の出来 名残惜しいが、今年最後の一杯

続きを読む

あースッキリ

通常国会が始まった。 統計不正問題、これが国会の論戦だ? 私には、森友・加計問題を隠す為の、官邸発の話題提起にしか見えない。 マスコミも一緒になって、これを盛り上げているようだ。 全く持って、ミエミエの世論操作。 そも、そも 大昔から、統計は噓つきと決まっている。 条件(設問)によって、統計の結果は大きく異なってくるのだ。 学者様達はそこらへんを良く…

続きを読む

初山は三沢山

好天の予報の連休 しかしながら、朝から雲が多い 天童高原から望む面白山も黒っぽい 気持が乗らないまま、今年初のお山へ出発、 散策とういことで ご挨拶 訪れるたびに変化 今年は電気柵が設置されておりました 大繫殖中のイノシシよけかと思われる 高速道路のようなトレース でも、幅の狭いトレース 特大ワカンは邪魔なだけで、つぼ足で充…

続きを読む

散歩始め

一月6日 今日で正月も終わり 遅まきながら、あけましておめでとうございます 飲んで、食って、掃除して、の繰り返しで一週間が過ぎ去った ストーブを燃やし続けた、暖かい部屋の中、 「啓翁桜(けいおうざくら)」が開花 山形から一足早い春をお届けします さて、天気も穏やかだし 運動不足解消に散歩すっべ 実は、遅い初詣で だあれも居ないと思いきや、中では…

続きを読む

突然のIWC脱退

政府は26日、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明。 我々一般庶民にとっては、どうでも良い事であるが、 世界的には、特に英語圏の国々から反発を招くような、大変な出来事の様子である。 私とっては、どうでもいい事でありながら、 こんな突然、 官房長官の声明には決定事項を話すのみで、経過とか理由とか具体的な説明が全くない。 誠意のかけらもない。 こんな事が平気でまかりとおる日…

続きを読む

サクランボの木をタガグのだ

比較的穏やかな日和の休日 取り立てて急ぐ作業も無く、ゆったりと過ごすハヅであったが 根っからの貧乏性 雪が降る前の最後の後片付け、りんご畑へ ほぼ、ほぼ、諦めていたのであるが、 天気もそこその良いので、サクランボの木の移植に挑戦 なるべく根を傷めないようにと、外側から少しずつ 根元の直径は20cm近くあり、やめておけば良かったと途中で後悔しながら・・・・ …

続きを読む

ネズミ様へプレゼント

寒さで痛んだ青菜 可哀そうで、早く根雪になれば・・・・? 暖冬で、一部は開花 大よそ6アールの畑の、半分以上はアスパラ 春先にたらふく、毎日食べたくて植え続けているが 段々と収穫量は下降傾向 原因は、ネズミ様 クリスマスには少し早いが、たらふく御馳走をプレゼントしよう ネズミ穴は沢山あれど 生き穴か、既に退去済みかは 一度埋めて見れ…

続きを読む

冬支度

本日、ようやく、平地にも積雪 これで、ようやく、冬を迎え入れる心の準備ができた所か? 積雪は5~10cm程度だが、朝方、初雪片付け しかしながら、まだまだ、 冬を迎える作業は沢山残ったままだ 越冬用のネギの収穫 ダイコンは大きすぎず、食べごろサイズ 種まきが遅れたのが丁度良い 遅まきながら、漬物用に干してみたりする セイサイの漬け込み…

続きを読む

暖冬と言われる今年

あっと言う間に、12月 久しぶりに全容を現した月山、見慣れた雪の山に戻っていた この景色がないと、落ち着かない 以東岳も真っ白 暖かい12月 ビワの花が満開 例年は、時期をずらして、用心深く、少しずつ、少しずつ咲くのであるが 暖かい今年は、一気に開花したようだ で、何やら、春先のりんごの開花時期のような羽音が、ブンブン 今年最後の大仕…

続きを読む

初雪、でも、りんご収穫

平年より5日程遅れて、初雪 まあ、すぐに消えるので、野菜に影響はない でも、ずいぶんとお世話になった、モッテギクは終了 ボダボダと雪降る中 りんごの収穫開始 毎日、雨やミゾレの現場を過ごしているので 寒さはそれ程ではないが、何しろ、手えコゲル 一旦家に戻り 濡れても暖かい、毛糸の手袋で再開 先週に引き続き、本日も35コンテナ 約500k…

続きを読む

葉っぱ摘みも今年で終わりかも

里に紅葉がおりてきたが 11月半ばというのに、暖かい毎日 本業の現場が順調で良いのだけれど キノコは冷たい雨を欲しがっている 冬のキノコの季節なのであります 好天の割には、りんごの着色がいま一つ すでに収穫開始している農家も多いが 本日で、よやく葉っぱ摘み完了 葉っぱ摘みが終わった果実はこんな感じ 寒さが足りないので、蜜は入ってな…

続きを読む

晩秋の御所山(ウバコース)

約一カ月ぶりの山歩き やっぱり御所山方面に足が向いてしまう 霧の街を通り、山が近づくと快晴 9月以来の再訪 稜線は冬枯れだが、下は紅葉真っ盛り 10時過ぎの遅い出発。今日も登山者はいないようだ。 ウバコース登山口では白森が望める 白い点々は新雪だろうか? 晩秋の道 野川本流の道 馴染みの道と言って良いかもしれない 季節を変えて、何度来ても心地…

続きを読む

月山新道

このところ、ほぼ毎日R112号、月山越え 緑から紅葉、そして新雪と 至る所に絵になる風景が広がる 車窓から ピンボケとブレブレの写真しか撮れないのだが 肉眼では綺麗なのであります もうすぐ、紅葉も終わり ちっと、車を止めてくれないか、なあ 安物カメラ ピントが合う前に過ぎ去ってしまう トンネルを抜けて 庄内側は紅葉中 …

続きを読む

小春日和は葉っぱ摘み

好天の予報どおり、秋晴れの日曜日 紅葉とナメコが盛り、だべなア、と未練たらしく山々を眺めつつ 今日スネデで、いず、スンダ!? の、りんごの葉っぱ摘み 朝方の気温は5度以下となり、もう、待ったはなし 大よそ、15,000個ぐらい成っている、りんご 春先の荒摘果、本摘果、を経て、 3回目 果実一個一個を確かめる、秋の作業は一番と手間がかかる 単純…

続きを読む

夏野菜から秋の野菜へ

夏野菜が終了 大変お世話になりました でも、もう少し食べられそうだ キュウリと長ササギが有れば、何とかなる毎日でありました これから、秋野菜 早生モッテと黄モッテは、本モッテまでのつなぎの役割 (意味が分からないでしょうネ) もってのほか美味しい、本モッテ菊がスタンバイ 柿も収穫開始 今年は豊作で食べきれない 種まきが遅れ、ダイ…

続きを読む