浄の滝と長倉の大杉

毎年恒例、9月のプチ遠征 思い込みから来るトラブルがあり、予定を変更して、肘折温泉をベースに色々と廻った まずは、標高たったの573mの今熊山方面 豪雨の爪跡は至る所にある 昔、昔、見かけているはずの念仏温泉は休業中 始めてみる源泉はキラキラと輝いていた 少しぬる目 ブナの原生林 気分良く歩いて行ったが、御池に下る所で 聞き覚えのある、小犬のよう…

続きを読む

左沢楯山城と神代カヤ

朝方、真っ白な月山に心を奪われつつ 色々との所要を済ませていると、山々は、ぼんやりと霞んできたい 桜が満開となったので、花見でも行きますか? まずは、情報を仕入れに左沢駅(あてらざわ)へ 中には、展示ホールがあり、一見の価値ありであるが、お昼時というのに観光客は無 売店のお姉さまが、かわいそうです 目に着いた楯山城案内図 まづは、誰が名付けたか、日本一公園の展望…

続きを読む

千年クロベ(湯浜温泉から)

毎年恒例、秋の遠征 紅葉にはまだ少し早い、この時が、比較的自由な時期となる 今年は栗駒山麓、日本一と言われる千年クロベに向かった 山形には3本程の日本一のクロベがあるが、【言われる】と奥ゆかしい表現が素晴らしい 登山口は秘湯、ランプの宿、湯浜温泉 秋田と宮城を結ぶ国道398号の県境近く 国道脇の駐車場から沢へ歩いて下る 立派な橋を渡って、上の滝 沢沿いの道を進む …

続きを読む

蔵王の参道を行く(自己初登頂の山々)

梅雨の季節は天気予報が当たらない 奥山山系は晴れ、蔵王には雲がかかる朝 9時には雨が降る予定で、傘を持って出かけた 未踏の不動沢コース いつもの通り、登山口が分からない アチコチ歩いて、結局、間違いのない、林道脇の水神様から入山 歩いた先、丸太橋まで車進入可能でありました 森林管理署の杉間伐の車。 米沢の森林組合で、朝早くからご苦労様です 夏の花が咲き始めた…

続きを読む

甑山 八の字周回

雄勝峠から望む特異な山々 30年前、新庄神室からこの峠まで歩いた時の画像ですが、 足跡を残せず、尾を引いておりました 及位経由、前森山林道終点の駐車場 つめれば10台くらいは駐車可能であるが、今日も車はない 先週に続き、修験の山 宿坊の跡だそうです 傍らには、山の神ならぬ、薬師堂 安全を祈願する 林道終点で標高600m以上、すぐに素晴らしいブナ林…

続きを読む

木枯らしの前、最後の紅葉

今日は穏やかな小春日和 山にも行かず 風もなく、のんびりと、ゆっくりと、リンゴの葉っぱ摘みと玉回しなどをして過ごす そこそこの色づきであるが、密の入りは少ない。 まだ収穫には早いようで、もう少し寒さが欲しい 先週は初雪でありました 山形と東根をさしおいて、天童で積雪とは不思議 今月末に収穫予定の青菜は雪まみれであるが、心配無用 毎年、紅葉の季節になると、六…

続きを読む

御影森山(クロベの巨木)

夏を告げる、3連休 天気はイマイチであるが、今日もまた、涼しくて良いだろう という事で、日本一と言われるクロベの木を見にいって参りました 朝日鉱泉のすぐ脇の駐車場には、2台の車 人気の古寺コースとは違い、こちらは静な山歩きができそうだ つり橋を渡る 暫くぶりなので、全く記憶がない 大朝日へのコースから別れ、2つ目 よく整備された、丁度いい勾配の登山道がつづく …

続きを読む

障子ケ岳(方面)足慣らし

今日も朝から農作業 上空には青空が望めるが 西も東も雲の中で、思ったより天気は良くない 天気がイマイチの分だけ、涼しいであろう という事で、8時過ぎに家を出発 30年ぶりの、大井沢川へ 登山口 外に車は無く、今日は誰とも会わない一日でした 下の竜ケ岳方面駐車場には数台の車有り 間もなく、工事現場 そして、藪の林道にはヨツバヒヨドリなどが花盛り 林道が…

続きを読む

面白山散策

朝起きたら快晴 朝日連峰も見える 所用があるので、長靴装備、まあ行ける所までということで 北面白山方面に向かう 天童高原スキー場から望む 【白くない面白山】2月ですよ? 遅めの出発であるが、今のところ登山者なし まっさらな新雪の上を歩くのは気分がいい 20分程でキャンプ場 キラキラと雪が光る ナラ林に入ると、昨日と思われるトレース跡が少しだけ残…

続きを読む

二口峠(高沢コース:初)

快晴(の予想の)日曜日 リンゴの葉っぱ摘みが急がれるが、ここの所、山には少しだけご無沙汰で、来週も所用がある。 紅葉の山を歩きたくて、午前中限定で高沢へ 自宅からは30分もかからない 途中から左手の林道に入ると、少しだけ悪路。4駆でないと無理です 晴天続きであるのに、水は豊富 高沢近辺には、仕事や山菜取などで何度も来ているが、登山道は初めてである。 美味しい、口掛樋…

続きを読む

月山岩根沢(本道寺)コース散策

朝の畑の見回り(野菜の収穫など) 台風一過で青空の広がる朝 月山が見えるのは久しぶりだ 岩根沢登山口の偵察、兼キノコ期待の散策に出かけた 昔は無かった新しい林道と昔ながらの岩根沢林道の分岐が駐車場(終点) ここから、左手の林道が新登山道 閉鎖中の看板があるが登山者はOK?(崩壊により車輌は通行止め) 岩根沢登山口の標識までは40分の林道歩き 国道から駐車場まで車で30…

続きを読む

館野のハスと津金沢の大杉

昨夜は山の会の酒飲み 今日は朝から小雨模様 農作業も格別急がれる事はない という事で、二日酔い気味の中、ばあ様を連れて、今日はドライブ 行先は、ハスの咲き誇る山辺町【たての香苑】 道すがら、のぼりが案内してくれる 期待していたよりは小規模であるが 100m×50m程度、それなりに楽しませてくれる 今日は小雨模様なので、花は今一つ 天気が良ければ、今日咲い…

続きを読む

大道沢(偵察)

大道沢が通行禁止になってから10年近くなる 昔はよく通った道である 久しぶりに訪れてみた 道の脇には石碑 何と読むのか不明。昔の街道であった名残のひとつ 入渓地点は前からこんな感じ 崖の道、木の根の橋を渡る 昔は道であったが、10年程前もこんな感じ ワサビの花が一つ コゴミ以外の山菜は多くない 山が険し過ぎるのであろうか? シドケとかアイコが少し …

続きを読む

松保の大杉

湯殿山の帰り 時間があるので、朝日町の大杉に立ち寄った 幹廻12m 山形県一の幹廻りとされている 国道287号から、大沼(浮島)への道へ そこから、大暮山への道へ進む 大暮山公民館があり、店 そこから右手に入る すぐに八幡神社 ここから、左手に入ると 小学校跡地 この林道を進めば、大杉に至る ここにたどり着くまで、2回道を誤り、地元の人に聞いて、た…

続きを読む

元旦の朝(清池の八幡神社)

元日 昨日の雨から、夜半に雪に変わり、10cm程の新雪 朝ゆっくりと起床、元旦参りは、近くの村社へ ついでに、清池の八幡神社へ 畑の中の近道を歩いてゆく 小山のように見えるが、鎮守の森である ケヤキの大木 幹廻り5m以上のが木が所々に 今日、午後には巫女の舞が奉納されるそうだ 清水が豊富な地 子供の頃には、あちこちに湧水池が見られた …

続きを読む

山形の紅葉(今年は最高の色づき)

今朝は、天気予報のとおりで寒い朝 初霜、初氷が観測された。 月山、朝日、蔵王の峰々が白く輝いていたが、霞がかかり、写真には無理 畑の野菜を記録する ダイコン 順調に育っている。 今週末には、収穫して、干さねば。 今、平地では紅葉が真っ盛りである。 モミジは真っ赤。紅葉の当たり年。 今年は、雨・強風が少なく、その割に、急激に気温が下がった。 …

続きを読む

土湯の赤杉

土湯の赤杉は、幹廻り15mで、屋久島の縄文杉に迫る太さと聞いている。 いつか目にしたいと、思っていた。 所属山岳会のS大先輩からの情報を頼りに、現地に向かう。 国道47号は霧に包まれていたが、駐車地に着く頃は、青空も見え始めていた。 国道沿いは歩道はなく、通行車両は高速で走る。 危険。注意。 対岸は、最上川の船下りで有名な最上峡。 東北自然遊歩道となっているとの事だが、…

続きを読む

二口峠から小東岳

毎日天気の日本列島。 今日も快晴である。 気になっていた小東岳を目指そうと思った。 日の出は、6時10分頃。 朝仕事の合間。目指す山々から朝日がのぼる。 小東岳と山王岳の間から、日の出 二口林道・馬形のゲートに着いたのは、朝7時40分。 開門は9時であった。 またも、リサーチ不足である。 どうしようか、と迷いながら、 游仙峡へ。 5年ほど前の集中豪雨…

続きを読む

土湯の黒杉(山の内杉) ・ トトロの木(小杉の大杉)

土湯杉群生地としてTVCMで有名になった幻想の森。 ここは車で行ける所である。 が、特異な杉の群生地は、高屋駅(元スキー場)から東へ ずーと続いており、禁伐の森として森林管理署によって保全されている。 この辺一帯はどこを登っても、直径2m以上の異様な杉が至る所に自生している。 有名な土湯の黒杉を見たくて山に入った。 (仕事の帰り。ちょっとした寄り道) 高屋駅の東、青いJR架…

続きを読む

東根の大ケヤキ

山形の巨木の中で、私が出会った中で、一番風格のある木が東根小学校にある。 日本一の大ケヤキとして国の天然記念物に指定されている。 その風格を目の当たりにできる時期が今、新緑の季節である。 樹齢1500年と言われる年月を刻みこんだ樹肌と、生命感をみなぎらせる若葉。 実物を、本物を表現できる写真技術は持ち合わせてないと思うので、 数枚アップしてみます。直径5mの大木です。 …

続きを読む

戸沢村幻想の森

山形の自然をお届けします。 一本一本のスギが自己主張している 最上町権現山のカツラ(幹周日本一)に立ち寄った。 案内板のある林道から山道を40分程登ると出会える。

続きを読む