山形に冬到来・・・・祝モンテJ1

先週末から山形にも冬がやってきた まだ雪の量は大した事はないが、電車が8時間止まったり、18台の玉突き事故があったり、 あちこちで初冬ならでわの、トラブルが発生しているようだ 今朝の庭 ビワの花はこれから。真冬に咲き続ける。 ダイコン、ネギは自宅の庭で保存。好きな時に収穫。雪は保温材となる さて、リンゴの収穫は先週で終わったが、最後の跡片付け 脚立と…

続きを読む

晩秋の花

昨日は蔵王山で初雪となった。 今日は、午後から竜山とか雁戸山が望めたが、初冠雪は見えない めっきりと寒くなり、庭も晩秋の様相である。 そんな中で、この季節に花を咲かせる木もある 早春の庭が一番であるが、晩秋の庭も中々良い チャノキ(お茶の木) 清楚な花である。 大好きな花であるが、日当たりの悪い所に植えてしまい、で生育が今一つである。 チャノキは虫が付きやすく…

続きを読む

ヒツジ草(スイレン)

夏になると スイレンの花が楽しみになる。 日本に自生する睡蓮、ヒツジグサである。 山の中の池から取ってきて、 昔使っていた浴槽に植え込み。 日中開花し、夜は花を閉じる。 純白の花は高貴。 ところで、ハスは植えて5年になるが、花を見せてくれない。 雑な性格では難しいようだ。 庭の片隅にはシドケの花

続きを読む

タケノコとり(3)

6月15日、日曜日。 待ちに待ったサッカーワールドカップ初戦である。 残念ながら、実力と気迫と采配が及ばなかったようで、完敗である。 内田だけが光っていた。 さて、果樹の摘果もひと段落、と言う事にして、昼からは山へタケノコ取りとする。 私の場合、山菜取りは、大体が、日曜日の昼から出かける。 一路、笹谷峠へ。 峠は、車で一杯であるが、すでに下山の時間帯。駐車オーライである。 …

続きを読む

八森山(新庄神室)

新庄神室(山塊)は昔から大好きな山である。 何年ぶりであろうか? 記録をたどると、1991年の正月以来である。実に、23年ぶり。 杢蔵山から槍ケ先に至る山域は、足跡を残していない区間である。 期待を裏切らない、豊かな最上の自然を満喫した。 薬師原から望む、八森山。朝からモヤっとしている。 上鵜杉から道なりに車を走らせる。 新倉見との分岐には道標あり。迷わず、左の刃場沢へ。 …

続きを読む

田植えから10日・・・とエゴノキ

5月28日。 田植えから10日経った。 ほかの田植えも殆ど終わり、人の気もなくなった。 苗は相変わらず弱々しい。が、土の下では根をグングン伸ばしているハズである。 雑草との戦い。(先に根を張った方が勝) でも、よくよく見ると、雑草(ヒエとかコナギ)が準備万端で芽を出している。 彼らのパワーは凄い。 一週間もたつと、稲が負ける程の成長を遂げてしまう。 6月、サク…

続きを読む

土湯の黒杉(山の内杉) ・ トトロの木(小杉の大杉)

土湯杉群生地としてTVCMで有名になった幻想の森。 ここは車で行ける所である。 が、特異な杉の群生地は、高屋駅(元スキー場)から東へ ずーと続いており、禁伐の森として森林管理署によって保全されている。 この辺一帯はどこを登っても、直径2m以上の異様な杉が至る所に自生している。 有名な土湯の黒杉を見たくて山に入った。 (仕事の帰り。ちょっとした寄り道) 高屋駅の東、青いJR架…

続きを読む

山野草

山野草については、特別好きと言うわけではない。 もの好きまでには達していないが、山々で見かけた花を我が庭でも愛でたいと思う。 気に入った花を買ってきたり、取ってきたりして少しづつ増えていった。 ヒメシャガは近くの山々で普通に見られる。 ご先祖様が植えていた。 山吹(八重)も先祖伝来である。花も終わりに近い。 八重より、普通の花の方が良いと思うのだが? 先祖伝来の…

続きを読む

タケノコとり(1)

新緑の季節。タケノコ(笹竹)の季節が始まった。 5月の連休から、8月の末までの長い期間楽しめる、一番大好きな山菜である。 近くの、いつもの山に向かった。 タラの芽もまだ固く、小さく、まだ早い感じ。 毎年訪れる場所であるが、山菜は数日早いようだ。 カタクリ、タチツボスミレなどを愛でて、下(暖かい所)へ向かう。 日当たりの良い場所を探し、沢沿いに進む。 笹竹がそこそこあり。…

続きを読む

霊山 一念峰(いちねんぼう)は今年の初山行

今年初の山行きは米沢と高畠の間に位置する標高470mの一念峰である。天気も良いし、新緑の季節。枯れ木の山は好きではないので、新緑を追いかけて高度を上げていく感じ。 上海上(かみかいしょう)から望む一念峰。一番高い所が奥の院か。道路わきに一念峰の案内板があり、車数台が駐車可能。農道は車両進入禁止である。 で、登山道は??左手の鳥居の方に向かってみると、小さな祠で行き止まり。 農道なり…

続きを読む

自然 2012.5.4

近くの山へ山菜取 ワラビ・タラの芽など少々 カモシカと遭遇 こんなに毛並みの良いのは中々いないので記念撮影 ナルコユリ(だと思う)の群生地

続きを読む