船形山(観音寺口)

本日はサクランボの収穫の最盛期であろうか? 快晴の空 忙しそうな果樹園の方々を横目に、 私と言えば少しだけ余裕、で山へ ご無沙汰の黒伏山 柴倉山に挨拶 帰ってきた、ブナの道 最上カゴに挨拶し 道脇にはズダヤクュシュが花盛りで 特別の花はないけれども アカモノは今年初見 名残のサンカヨウは、花弁を落とすばかり 朝の光を受ける、ウラジロ…

続きを読む

関沢から南雁戸山へ

しっつこく、雁戸山へ 本日は関沢コースから 杉林の踏まれた道 夏の花との端境期 ヤグルマソウ、今年は花が少ない様子 林道終点まで20分程 間もなく、趣きのある石畳みの道 ようやく見つけた花らしい花 ササバギンランに満足 ダラダラと緩い道になり、あたりが灌木となると 道脇には、ハクサンチドリと オダマキの蕾が目立つようになる …

続きを読む

雁戸山(撤退)

笹谷峠への国道は、当分の間通行止め 多分初めて歩く、滑川コースから雁戸山を目指した 渓流釣りらしき車が一台あるが 今日は一人旅 山の神様に無事を祈る 暗い杉林の中、林道跡を進む 50分程歩くと林道と杉林が終わり、沢沿いの道となる 地図上の二股に、立派な石積みが現れる 昔々、炭焼き小屋があったとか ここから沢を離れ、アスナロの山道となる …

続きを読む

月山方面(ブス沼)

再び騒がしくなる前に、歩いておこう 月山へ 弓張平から望む、湯殿山 いい天気だ ネイチャーセンター前には既に20台程の車 大半がタケノコ狙いの様子である 豊かな水とブナ 月山だ 石跳川沿いの道、いつ来ても、納得の道 早くも下って来る、タケノコの方々と何度も挨拶 こちらも長靴と農作業の服装、同好様同士で気軽 未だ早くてダメだヅ、と言いつつ リュックに…

続きを読む

笹谷峠へ

国民の自粛で、とりあえづ、一旦は落ち着いた日本国 そして、休日の好天は久しい 毎年、この時期は、この方面へ 何と通行止めでありました 古道を歩くのも悪くない この季節は初めて歩く訳で 下界は雲海 時折、霧雨でありました 静かな笹谷峠 2週間前、標高900mを超えていた新緑だが あんまり進んでいない いつ行ぐべ? ミヤマナ…

続きを読む

大朝日の展望台、サイヅチ峰

今日は朝日自然観から 高校の同級生から教えて頂いた、サイヅチ峰を目指す 予想していたよりも雪が残っている スキー場を登って リフトトップ いったん下って、ブナ林 おやおや、今日も親父さま 昨日の新雪の上に、真新しい足跡が・・・・・ しばらく行くと、また出会う 帰路ここら辺で、グフグフと、声を掛けてもらう事になる ここから林道に下ろうと思った …

続きを読む

白鷹山

今日も、西山へ 白鷹山、標高994m 昔々、南陽市から子供を連れて登った山であるが、これまた印象が良くなかった山である。 急な、幅の狭い石段。昔の人は子供のような足だった? 山頂も展望は良くないし・・・・ 昼ご飯を食べてから、大平口へ いつもの通り、登山口が分からない 行って帰の足跡確認 本日は午前中お一人様登頂 杉林を抜けて 美味しい水場…

続きを読む

瀧山散策

山形市街地から望む、金曜日の瀧山 今日のお山はどうだんべ、輝いているぜい 市民のシンボルだな(ちなみに、蔵王山は見えない) ところで、コンデジ どうやっても、こうやっても、遠くの山にピントは合わない さあて、日曜日 天気も良いしハイキングに行こう 一番手軽な蔵王温泉から 家を出たのは8時過ぎ、霧氷は待っててくれるだろうか? おそまきながら今年の初物、…

続きを読む

月山、晩秋

ごぶさたの山、今日は月山へ 7月の反省を受けて、ブナの森から出発 ネイチャーセンターから 採るものも、撮るものもなく、光も射さず すでに冬枯れの様相で、黙々と歩くしかない 一時間程で、お気に入りの場所に到着 切れそうで、中々取れない雲 湯殿を見に来たのだが 冷たい風に笹っぱがそよぐ 石跳川源頭から、朝日連峰は霞みの彼方に見えてはいる 装…

続きを読む

新庄神室(根の先口)

昔々足しげく通った新庄神室 30年ぶりの山頂を目指す事にした 昔は無かったと記憶する根の先口から 登山者の車は見当たらないが、今年最後の渓流釣りは多い様子 小沢を渡って すぐに急な登り そして、ブナ林 花は無くても、退屈しない ヒメコマツが混じり 結構な大木 風格のあるブナが多い 三合目、P852まで急登で ここからは穏やか…

続きを読む

初ナメコ(葉山)

台風接近 でも、天気予報では風も弱く、雨の予想もない では、今週も4時間コースへ こちらも大変ご無沙汰で、全く記憶がない オタコラコウ咲く山の内の登山口、だあれも居ない 傍らに見慣れた雑草、だと思うが 何故か、ピンク色のが沢山咲いている アプローチの林道は部分的に悪路であったが 登山道は全く手入れが行き届いている 杉林の足元にスギカノカ 乙女の渓流…

続きを読む

本日も4時間コース、鎌沢から清水峠

本日も足慣らし 何せ、田んぼが待っている(ヘクサ取り)ので、11時には帰りたい 高沢から 何度か沢を渡る、古への道 今日も主役は同じ花 飽きない花 今年初、センジュガンピが一株 綺麗に刈りはらわれた古道から踏み跡へ この古道は地元の方々で手入れされている。感謝。感謝。感謝。 刈り払いがなされなければ、一年で藪に覆い尽くされてしまう…

続きを読む

今日は瀧山で足慣らし

鈍りきった体 秋の本番に向けて、今日は瀧山へ つい最近刈り払いされ、歩きやすい 垢離かけ場 慈覚大師籠堂 沢に降り立ち 今年初のウメバチソウ ここから、大好きな急登 振り返れば 足元には花 花 同じ花盛り 秋の風が心地よい ここを天狗岩と呼ぶのであろうか? 名残のホツツジ 山頂から、蔵王方面 雁戸…

続きを読む

運動不足解消と言う事で、蔵王名号峰

今日はここから なんだ、かんだと忙しく まともに山には行けてない 来月からは、演奏会に向けて毎週のように練習が続く かと言って、この時期、行きたい所は無く こんな時は、瀧山の前滝コースへと思っていたが 朝から雨 パソコンで記録を眺め ごぶさたの名号峰を選択! 運動不足解消が本題? 観光地、観光客が沢山の刈田岳駐車場 強風と濃霧で寒そう、皆様、そそくさと車…

続きを読む

熱中症気味の山遊び

この所、何かと忙しい 東京へ出稼ぎ中の子供たちが揃ったので、昨日は焼き肉パーティ 二日酔い気味の私、完徹ャの2名を伴い、軽く笹谷峠へ お盆なので、車はほんの少しだけ 暑苦しく、山百合が満開 小さな、車ユリがお目当ての花 道すがら、ヤマジノホトギスが目を楽しませてくれる もう一つのお目当ては、タカネナデシコ 咲き残りのランが少し 涼し毛に、フウロ …

続きを読む

7月の月山は今一つですた

しばらくご無沙汰の山 軽く、手短に楽しめそう。 一番は、足慣らし。で月山へ モチロン。リフト使用 気のせいか、以前の半額で良心的な値段 リフト下が一番の盛りキスゲ リフトを降り 牛首までの道は、まだまだ春浅く 花といえば、ミツバオウレンぐらいしか見当たらない ガスが切れる? 協力金のおっちゃんが言っていた 雲海(運が開けるカモヨ) …

続きを読む

山形神室方面(タケノコ)

何年がごぶさたとなっていた、この季節のタケノコ ガスの笹谷峠には2番手、6時頃到着、 今までの最高記録かも知れない 下界では何とも思わない花 山ツツジと谷ウツギが、高原の景色に映える 今年のシロヤシオは見逃してしまったが 道脇で濡れそぼるサラサドウタン しっぽりと、ウラジロヨウラク 庭園風景色の中に 小さなお花畑 今年も出会えた見慣れた景色 …

続きを読む

あこがれの、三体山

仕事で置賜地方を訪れると、雄大な飯豊連峰に目を奪われる そして、次に指呼される、純白の峰々 その山の名を知ったのはいつだったか? ちょっとボケてますが、4月の三体山 体力自慢の友人をさそって、ようやく機会が訪れた 待ち合わせの道照寺スキー場から、山頂を望む まだまだ残雪豊富で、さすがの山 長井ダムの奥、合地(ガッチ)沢沿いの車道から 山頂は右の山の奥、見え…

続きを読む

新庄神室の山開き

30年ぶり、高校の同級生からのお誘いで 最上町の山開きに参加してきました 皆さん常連さん 早いペースでドンドンと登って行く 歩き始めて間もなく、先頭は見えない 新緑のブナの奥に烏帽子と槍ケ先 本日はあそこを周回する予定 体が持たないので、マイペースで行きましょう 足元にわ、イワウチワを愛で 郡界尾根からはブナも芽吹き前、雪道となる …

続きを読む

天童高原から雨呼山へ

里山に新緑 懸案の、天童高原から雨呼山へ至るコースを歩こう ここから一時は長佐エ門コースをたどる 道を離れ、なだらかな、まあまあの藪道(道はない) 尾根が細くなると、少しの踏み跡 森林管理署で年一回ぐらいは歩かれているのかも知れない 何は無くても、ブナの芽吹き すっきりとした展望は無いが、新緑で充分だ 木の間から、チラチラと見え隠れする山々 …

続きを読む

瀬ノ原山、まだまだ遠い春

昨日とは打って変わって、曇天の日曜日 中途半端な季節で 行きたい山が見つからないが、懸案の瀬ノ原山の樹氷(の木は何?) ついでに、イワウチワの花なんかも咲いているハズ、の山行き お馴染みの、高沢から 毎度、豊富な湧水 入り口の杉林は荒れ放題で、適当に進むしかない 今まで気づかなかったが 第一の徒渡地点の手前に、何やら石碑が横たわっていた 大日…

続きを読む

北月山の秘境火打岳へ

毎朝、今日のお山はどうかと確認する山 それが月山 8合目まで車道があり、至る所から登山口が切り開かれている しかしながら、その懐は深く 未知の山や川、そして池沼が散らばる秘境とも言える山域だ 昔昔、鹿の沢川を詰めてチャレンジしたが、目の前にそそり立つ岩に心が萎えてしまった山 それが火打岳で、心に引っかかりつつ、30年経過 この度、ごぶさたの山岳会山行で再びチャレンジ …

続きを読む

月山(姥沢まで散策)

晴天=真っ赤に染まる山々 を期待した翌朝であったが、今一つ雲が多く、山頂は雲の中 鍋森方面が少しだけ染まる 夜明けと共に出発する方々 私と言えば、一旦お宿に戻り、豪華な朝食を食べて、ゆっくりと、2時間後に出発 いつの間にか、快晴 本日の標的は湯殿山、神々しい純白の山だ (でも、登るのではなく、眺める事が目的です) 昨日歩いたネイチャーセンターに至る…

続きを読む

剪定始め、と雪旅籠の灯り

天気も良いし、りんご畑へ初出勤 まだ2月だと言うのに、全く雪はない まとまった降雪がなく、雨の日も多かった、変な2月 が、この有様は、雪による枝折れ そして、倒れつきた木 弱っていた木であり、そろそろ寿命か? さて、サクランボは今年まで収穫可能なので、剪定開始 いい枝ぶり、だべ? 剪定の極意は単純で、主枝の先端を元気にする事 先端が元気だと枝…

続きを読む

初山は三沢山

好天の予報の連休 しかしながら、朝から雲が多い 天童高原から望む面白山も黒っぽい 気持が乗らないまま、今年初のお山へ出発、 散策とういことで ご挨拶 訪れるたびに変化 今年は電気柵が設置されておりました 大繫殖中のイノシシよけかと思われる 高速道路のようなトレース でも、幅の狭いトレース 特大ワカンは邪魔なだけで、つぼ足で充…

続きを読む

晩秋の御所山(ウバコース)

約一カ月ぶりの山歩き やっぱり御所山方面に足が向いてしまう 霧の街を通り、山が近づくと快晴 9月以来の再訪 稜線は冬枯れだが、下は紅葉真っ盛り 10時過ぎの遅い出発。今日も登山者はいないようだ。 ウバコース登山口では白森が望める 白い点々は新雪だろうか? 晩秋の道 野川本流の道 馴染みの道と言って良いかもしれない 季節を変えて、何度来ても心地…

続きを読む

月山、石跳コース散策

好天の予報ながら、本日も所用が有り、午前中限定で ごぶさたの?月山へ ネイチャーセンターから 沢沿いの道は大好きで 豊富な湧水、何度も横切る小沢 時折、イワナが遊んでくれる 8月の豪雨の為、橋が崩壊 増水しなければ、大丈夫です 名前のとおり、このコース、大半は石の上を歩く 今年は、ブナの実が豊作 大好物のモダシが大発生 一週間前にくれば、大収…

続きを読む

ウバコースから最上かご

紅葉は進まず、キノコ目当て 今日も所用があり、午前中限定コース といえば近場の御所山方面しか選択肢はない? 関所、黒伏山 眠そうな顔でお出迎え でも、ウバコース入口では、スッキリと白森 破線の登山道、今年は刈り払いされている様子 朝露で濡れる事もなく歩ける(長靴は) 時折、柴倉山が望めるのが楽しみ 朝日に輝く、野川本流に到着 トリカブトが花…

続きを読む

蔵王八方沢に遊ぶ

昔馴染みの方々と、久方ぶりの山行 蔵王ダムから雁戸山を望む ダムの管理道を通り、八方沢に降り立つ 未だに残っているんだ!の吊り橋 少し下って、北雁戸沢が本日の目的 記憶によれば、昔々、ノーザイルで沢筋を直登できたハズ・・・・ すぐにゴルジュ F1 落差は3mもない こんな小さな滝 手掛かりなく、道具なしでは直登不能 巻く? 出会いまで戻…

続きを読む

蔵王のメインルート

朝から雲が多いが、山に涼みに行きますか? 奥方様は今日も仕事 帰県した娘を伴い、家を出たのは、11時過ぎで、 噂に聞きし、祓川コースを目指したのだが スキー場を何度も横断しつつ、登山口が良く分からず、車でウロウロ。 なんだ、かんだで、午後1時頃から登山開始 道すがら、楽しみは少ないが アサギマダラが彩りを添えてくれる 交差するスキー連絡路やゲレ…

続きを読む