熱中症気味の山遊び

この所、何かと忙しい 東京へ出稼ぎ中の子供たちが揃ったので、昨日は焼き肉パーティ 二日酔い気味の私、完徹ャの2名を伴い、軽く笹谷峠へ お盆なので、車はほんの少しだけ 暑苦しく、山百合が満開 小さな、車ユリがお目当ての花 道すがら、ヤマジノホトギスが目を楽しませてくれる もう一つのお目当ては、タカネナデシコ 咲き残りのランが少し 涼し毛に、フウロ …

続きを読む

7月の月山は今一つですた

しばらくご無沙汰の山 軽く、手短に楽しめそう。 一番は、足慣らし。で月山へ モチロン。リフト使用 気のせいか、以前の半額で良心的な値段 リフト下が一番の盛りキスゲ リフトを降り 牛首までの道は、まだまだ春浅く 花といえば、ミツバオウレンぐらいしか見当たらない ガスが切れる? 協力金のおっちゃんが言っていた 雲海(運が開けるカモヨ) …

続きを読む

山形神室方面(タケノコ)

何年がごぶさたとなっていた、この季節のタケノコ ガスの笹谷峠には2番手、6時頃到着、 今までの最高記録かも知れない 下界では何とも思わない花 山ツツジと谷ウツギが、高原の景色に映える 今年のシロヤシオは見逃してしまったが 道脇で濡れそぼるサラサドウタン しっぽりと、ウラジロヨウラク 庭園風景色の中に 小さなお花畑 今年も出会えた見慣れた景色 …

続きを読む

大岡山へ

さくらんぼのテント張りの季節 土曜日の午後、会社に休みを頂き、ビニル上げ終了 午後は風が有るので、本日はここまで では、少しだけ散歩しましょう 大岡山へ しょっぱなから新ルート発見 (夕方の西日で、良く見えません) 噂に聞きし、温風穴だそうで こちらは後回しにして、接待山歩き 四人静かだが、四人にぎやかに歩く キスゲが咲き始め 今年の初物…

続きを読む

あこがれの、三体山

仕事で置賜地方を訪れると、雄大な飯豊連峰に目を奪われる そして、次に指呼される、純白の峰々 その山の名を知ったのはいつだったか? ちょっとボケてますが、4月の三体山 体力自慢の友人をさそって、ようやく機会が訪れた 待ち合わせの道照寺スキー場から、山頂を望む まだまだ残雪豊富で、さすがの山 長井ダムの奥、合地(ガッチ)沢沿いの車道から 山頂は右の山の奥、見え…

続きを読む

新庄神室の山開き

30年ぶり、高校の同級生からのお誘いで 最上町の山開きに参加してきました 皆さん常連さん 早いペースでドンドンと登って行く 歩き始めて間もなく、先頭は見えない 新緑のブナの奥に烏帽子と槍ケ先 本日はあそこを周回する予定 体が持たないので、マイペースで行きましょう 足元にわ、イワウチワを愛で 郡界尾根からはブナも芽吹き前、雪道となる …

続きを読む

天童高原から雨呼山へ

里山に新緑 懸案の、天童高原から雨呼山へ至るコースを歩こう ここから一時は長佐エ門コースをたどる 道を離れ、なだらかな、まあまあの藪道(道はない) 尾根が細くなると、少しの踏み跡 森林管理署で年一回ぐらいは歩かれているのかも知れない 何は無くても、ブナの芽吹き すっきりとした展望は無いが、新緑で充分だ 木の間から、チラチラと見え隠れする山々 …

続きを読む

瀬ノ原山、まだまだ遠い春

昨日とは打って変わって、曇天の日曜日 中途半端な季節で 行きたい山が見つからないが、懸案の瀬ノ原山の樹氷(の木は何?) ついでに、イワウチワの花なんかも咲いているハズ、の山行き お馴染みの、高沢から 毎度、豊富な湧水 入り口の杉林は荒れ放題で、適当に進むしかない 今まで気づかなかったが 第一の徒渡地点の手前に、何やら石碑が横たわっていた 大日…

続きを読む

大岡山新ルート

畑仕事が進まず、溜まりつつ・・・・ でも、ちょっとだけ山へ、花見だ 大岡山へ お不動様から 杉木立の中、やっぱり、少し早かったか? ヒメアオキは、つぼみ 雑木林になると、チラチラと小さいサクラがお出まし 花見の成立 一つ目の新コース まだまだ早いけれど、ツツジ自然公園へ寄り道 おっと風穴だ、そうです ただいま温度観察中で、今のところ5度以下 …

続きを読む

北月山の秘境火打岳へ

毎朝、今日のお山はどうかと確認する山 それが月山 8合目まで車道があり、至る所から登山口が切り開かれている しかしながら、その懐は深く 未知の山や川、そして池沼が散らばる秘境とも言える山域だ 昔昔、鹿の沢川を詰めてチャレンジしたが、目の前にそそり立つ岩に心が萎えてしまった山 それが火打岳で、心に引っかかりつつ、30年経過 この度、ごぶさたの山岳会山行で再びチャレンジ …

続きを読む

月山(姥沢まで散策)

晴天=真っ赤に染まる山々 を期待した翌朝であったが、今一つ雲が多く、山頂は雲の中 鍋森方面が少しだけ染まる 夜明けと共に出発する方々 私と言えば、一旦お宿に戻り、豪華な朝食を食べて、ゆっくりと、2時間後に出発 いつの間にか、快晴 本日の標的は湯殿山、神々しい純白の山だ (でも、登るのではなく、眺める事が目的です) 昨日歩いたネイチャーセンターに至る…

続きを読む

剪定始め、と雪旅籠の灯り

天気も良いし、りんご畑へ初出勤 まだ2月だと言うのに、全く雪はない まとまった降雪がなく、雨の日も多かった、変な2月 が、この有様は、雪による枝折れ そして、倒れつきた木 弱っていた木であり、そろそろ寿命か? さて、サクランボは今年まで収穫可能なので、剪定開始 いい枝ぶり、だべ? 剪定の極意は単純で、主枝の先端を元気にする事 先端が元気だと枝…

続きを読む

大岡山へ

今日は水曜日だが、近所で不幸があり、午後からお休みを頂く たるみ切った腹、礼服のズボンがきつい 天気も良いし、 んでは、ちっと山へ、ダイエット 御無沙汰の大岡山 午後3時過ぎ出発 何は無くても、斜光がある 青野へ至る分岐 訪れる度にバージョンアップする、この山 新ルートがあるようです 気のきいた表示板も増殖中 でも、原作者が変わったのか、お茶…

続きを読む

初山は三沢山

好天の予報の連休 しかしながら、朝から雲が多い 天童高原から望む面白山も黒っぽい 気持が乗らないまま、今年初のお山へ出発、 散策とういことで ご挨拶 訪れるたびに変化 今年は電気柵が設置されておりました 大繫殖中のイノシシよけかと思われる 高速道路のようなトレース でも、幅の狭いトレース 特大ワカンは邪魔なだけで、つぼ足で充…

続きを読む

晩秋の御所山(ウバコース)

約一カ月ぶりの山歩き やっぱり御所山方面に足が向いてしまう 霧の街を通り、山が近づくと快晴 9月以来の再訪 稜線は冬枯れだが、下は紅葉真っ盛り 10時過ぎの遅い出発。今日も登山者はいないようだ。 ウバコース登山口では白森が望める 白い点々は新雪だろうか? 晩秋の道 野川本流の道 馴染みの道と言って良いかもしれない 季節を変えて、何度来ても心地…

続きを読む

月山、石跳コース散策

好天の予報ながら、本日も所用が有り、午前中限定で ごぶさたの?月山へ ネイチャーセンターから 沢沿いの道は大好きで 豊富な湧水、何度も横切る小沢 時折、イワナが遊んでくれる 8月の豪雨の為、橋が崩壊 増水しなければ、大丈夫です 名前のとおり、このコース、大半は石の上を歩く 今年は、ブナの実が豊作 大好物のモダシが大発生 一週間前にくれば、大収…

続きを読む

ウバコースから最上かご

紅葉は進まず、キノコ目当て 今日も所用があり、午前中限定コース といえば近場の御所山方面しか選択肢はない? 関所、黒伏山 眠そうな顔でお出迎え でも、ウバコース入口では、スッキリと白森 破線の登山道、今年は刈り払いされている様子 朝露で濡れる事もなく歩ける(長靴は) 時折、柴倉山が望めるのが楽しみ 朝日に輝く、野川本流に到着 トリカブトが花…

続きを読む

大高根山

大高根山は山形百名山のひとつ 全部を登ってやろう、などとは思わないが 立派な登山口があって、気になっていた山である ずいぶんと、さらに、立派になっておりました うれしい、気配り 本来の古道をパスし こんなの有ったけか? の、八森山周回コースへ あれれ、道は下って 沢方面へ こころづくしの木道があったりする 歩く人も少ないので、不要と言えば…

続きを読む

蔵王八方沢に遊ぶ

昔馴染みの方々と、久方ぶりの山行 蔵王ダムから雁戸山を望む ダムの管理道を通り、八方沢に降り立つ 未だに残っているんだ!の吊り橋 少し下って、北雁戸沢が本日の目的 記憶によれば、昔々、ノーザイルで沢筋を直登できたハズ・・・・ すぐにゴルジュ F1 落差は3mもない こんな小さな滝 手掛かりなく、道具なしでは直登不能 巻く? 出会いまで戻…

続きを読む

蔵王のメインルート

朝から雲が多いが、山に涼みに行きますか? 奥方様は今日も仕事 帰県した娘を伴い、家を出たのは、11時過ぎで、 噂に聞きし、祓川コースを目指したのだが スキー場を何度も横断しつつ、登山口が良く分からず、車でウロウロ。 なんだ、かんだで、午後1時頃から登山開始 道すがら、楽しみは少ないが アサギマダラが彩りを添えてくれる 交差するスキー連絡路やゲレ…

続きを読む

瀧山へ(雨乞)

母なる川、最上川は史上最低水量を更新中 野菜畑も、果樹も雨を待ち望む 先週の富神山の様子 木草が悲鳴をあげていた これから花を咲かせる予定の萩、息も絶え絶え さて、朝から曇り空だが、 予報どおり、雨が降るような雲には見えない 地区民総出、山寺堰の草刈りを終え、家を出たのが8時 運動不足が続き、なまりきった体に活力を! さて、どこさ、行ぐべがヤ…

続きを読む

暑すぎるので、今日も山へ避暑

今日は一日中草取りの予定 手ごわい稲科の草と、美味しい草(ひょう)とをより分け、天日干しの予定 ついでに、ジャガイモの収穫 草を取ってから、ネ 3kgの種イモから、約20kg まあまあの出来であるが、 600kgに化ける、お米の足元にも及ばない 芋の隣に、ネギ 従って、収穫と土寄せが同時に行える (今まで、ネギの土寄せが出来なかった、とも言える) 今日の収穫 …

続きを読む

いつもの月山(湯殿山参道から)

農作業もひと段落 一か月以上遠ざかっていた、山へ、避暑という事で 雲がまとわりつく月山を眺めながら、6時20分に湯殿山ゲート着。 閉鎖? そういえば有料道路でありました。 いつもの事、事前リサーチなし 一時間30分待つ、訳はない 歩きましょう 今流行の六十里越え街道、のぼり旗が導いてくれるようだ すぐにブナ林で、納得 思いがけず、湯殿山参道を歩ける…

続きを読む

白森周遊

早いと思っていた今年のサクランボ 以外に着色が進まないので、山へ行ける! 関所、黒伏山は雲の中 心もどんよりとしたまま、乗らない山行き 天気が悪いので、遅い出発なのであるが、駐車場には登山者の車はない 今日は(も)一人旅 クマよけラジオと、雨よけ傘を手に、では お初のコース 黒伏山すそを通る道は、花も終わり、 登ったり下ったりの忍耐道 たまに、花は、ギ…

続きを読む

会社帰りに、富神山

山形市街地にあった会社が、西部郊外に移転 これまでは、『お昼休みに、千歳山』 でありましたが、 今年からは、『昼休みに、富神山』 が合言葉 昼飯を食べる余裕も無かった千歳山 富神山では、登り20分、下り10分、車往復15分という事で、ユックリと15分の昼食が可能 ですが、 最近は朝仕事に励んでおりまして、お昼休みはどうしても眠い 今日こそ、と思いつつ、眠…

続きを読む

葉山へ

久しぶり、快晴の日曜日 しかも、前日の雨(山は雪)で、澄んだ空気 奥羽山系は雲に覆われているが、朝日から月山は素晴らしい展望の朝 たまらづ、畑は午後からということでは、ちょっとだけ、月の山を眺めに 畑へ(?) すでに標高750m それなりに、人気の山は5人の団体さんの登山者有りで・・・・・ ?一般道でスパイク長靴、たが? 嫌なものを見てしまった、などと・・・・…

続きを読む

月山本道寺口

昔馴染みの山、新庄神室山の遭難が気なって、山へ行く気も起きない。 今朝がた、無事下山の報を聞き、良かった良かった。 色々と、意見はあるだろうが、あの悪天の中を生き貫いた 《心と装備》 は称賛されるものであります。 安心したので、山へ行こう。 いつも横目で眺めていた、長ーい道、本道寺口 今の時期でないと、とてもじゃないが、歩けない気がする 神社の周囲は雪解け間も…

続きを読む

新緑満喫の豪士山

さて、ゴールデンウイーク 行きたい所はたくさんあるが、出来れば、新緑にドップリと浸りたい 標高低めの1022m、まほろばの里高畠町にある豪士山に向かった 栗子山から鳩峰峠に至る、非常に気になる稜線は未踏で、その山々がどこなのか? 遠望してもさっぱり分からない。 近づいても、どの山かさっぱり分からない 元宮キャンプ場には詳細な案内板 隣には、地元の方々の心のこもっ…

続きを読む

小湯山へ

天気が良すぎる朝、 春になると、まぼろばの里、高畠町が恋しくなる 小湯山へと向かった まだ、花には早いなあと思いつつ 尾根道へ(道はないヨ) 飯豊が近い 藪はほんの少し 全山が凝灰岩、こんな感じで飽きない稜線 去年はあの峰まで登りました 郡界尾根上に雪が現れ、間もなく頂上 この辺が頂上で、三角点は雪の下 ここから、北の尾根…

続きを読む

今日も白髭へ

今週も快晴の予報 昨日は山々に雲がかかっていたので、霧氷が見られるのでは ということで、先週とおんなじ所へ (本当は白森をと思ったが、川の雪が崩壊寸前、で速やかに撤退) 少しの白が加わり、まばゆい朝 今日も、お日様にむかって でも展望の尾根コースから 霧氷は待っていてくれるだろうか? 今日は新雪、先週とは別の山 大変きれいであります 先導頂くのはキツネ…

続きを読む