ナメコを求めて、歩いてみたが

間もなく、里にも雪が来るようだが 今年最後のナメコを期待して大井沢へ だあれも居ない、日暮沢小屋 夏に来た時に、伐採中だった場所は 立派な駐車場へと変わっていた ミゾレ降る中 根子川を渡り 雷滝を目指して歩いてみたが キノコらしきは皆無で、撤退 帰路、大井沢の河原で 柳の木にて、少しだけ確保 ギリギリ食べられそうな ちょっと…

続きを読む

以東岳 初冬

夜明け前の大鳥池 いつ日が昇ったのか? 分からぬまま、東沢に到着 この先は、35年ぶりの道だが 全く記憶に残ってはいない、ようだ 湖面と小屋が、少しづつ遠ざかり 登高が実感できる クリタケが道脇に有るが、目もくれず進む P1202から雪が見え始め、三角峰が望める ここを周回する予定ではあるが、大丈夫だろうか? 標高1500m付近からは灌木も低くなり…

続きを読む

小朝日岳まで

久しぶりの会山行 そして、何十年ぶりの古寺 スキーで通った、細い道は2車線となり 古寺には大駐車場 朝6時の時点で、すでに80台程の車がありました 颯爽と最新のウエアーを身に着けた登山者達、昔の10倍以上はいる。 古ぼけた服装の我々は、取り残された過去の人間だ・・・な 懐かしの古寺鉱泉 入浴出来るのは、暗い夜に限られていた 会山行といっても、会員外(元会…

続きを読む

月山 一の木戸まで

里山で、ようやくキノコが出始めた 奥山はどうんなんだろう? 天気も体調も今一つなので、軽く 霧雨の中、月山のネイチャーセンターから 秋の気配の道 早速、ヤマウルシの紅葉 天気は今一つだが、気温は高い 30分歩くと、汗ばんできた 道は少しづつ、色づいていく 今頃は流れているハヅのキノコ ツキヨタケは今だこんな状態で サワモダシは出始め 来週が…

続きを読む

笹谷峠へ

国民の自粛で、とりあえづ、一旦は落ち着いた日本国 そして、休日の好天は久しい 毎年、この時期は、この方面へ 何と通行止めでありました 古道を歩くのも悪くない この季節は初めて歩く訳で 下界は雲海 時折、霧雨でありました 静かな笹谷峠 2週間前、標高900mを超えていた新緑だが あんまり進んでいない いつ行ぐべ? ミヤマナ…

続きを読む

笹竹を少々

懸案の田んぼ、 何とか耕うん完了 暗渠のポンプアップを一週間続け、好天にも恵まれ 今はこんな感じ 予想された雨もたいしことなく 畑仕事もやることが尽きて ちっと山へ 萌黄色は山の上 雨呼山山頂までに至り、少し遅めの新緑 林道わきの藪に突入 まだ少々早く ニョキニョキとは行かないが 少しだけ収穫 小沢を渡ると 青タケノコでした こっ…

続きを読む

冬無き年の春景色

冬来たりなば春遠からじ 冬が来なかった為に、待ち遠しいはずの春が遠く、心が躍らない 雪解けと共に一気に春が訪れる喜び、それが今年は皆無 ようやく春のお墨付き やわらかに柳青める北国の岸辺目に見ゆ・・・ 遠くに、虚空蔵山(白鷹山) そして大朝日 見た目は例年通りではあるが、積雪は少ないんでしょうね 果樹の芽も動き出しているが、まだまだ霜の季節は続く 用…

続きを読む

初ナメコ(葉山)

台風接近 でも、天気予報では風も弱く、雨の予想もない では、今週も4時間コースへ こちらも大変ご無沙汰で、全く記憶がない オタコラコウ咲く山の内の登山口、だあれも居ない 傍らに見慣れた雑草、だと思うが 何故か、ピンク色のが沢山咲いている アプローチの林道は部分的に悪路であったが 登山道は全く手入れが行き届いている 杉林の足元にスギカノカ 乙女の渓流…

続きを読む

山形神室方面(タケノコ)

何年がごぶさたとなっていた、この季節のタケノコ ガスの笹谷峠には2番手、6時頃到着、 今までの最高記録かも知れない 下界では何とも思わない花 山ツツジと谷ウツギが、高原の景色に映える 今年のシロヤシオは見逃してしまったが 道脇で濡れそぼるサラサドウタン しっぽりと、ウラジロヨウラク 庭園風景色の中に 小さなお花畑 今年も出会えた見慣れた景色 …

続きを読む

田植え終了

風かおる五月 最後まで悩んだが、今日は田植えだ なぜかと言うと、苗が小さい 5cmから7cm程 芽出しを省略したのと、水やり不足かなあ? 今年はとにかく苗の成長が遅かった ひと冬越して、田植え機の左のレバーが折れていたが、今更間に合わないので 紐で固定して、何とかなりそうだ 何たって中古で買って、20年近くなるので 毎度のトラブルをやり過ごし、2時間程で…

続きを読む

赤コゴミ、2年ぶり

2年ぶり、赤コゴミ採りへ 自宅から100km わざわざ行かなくても、直売所で売っているべと思っていたが 買って料理してみると別物で、全く美味しくなかった 歩くのが億劫になった山菜の師匠、おまえだけで行って来い 農作業が溜まっているが、ちょっとだけ 月山新道を通り 新緑の季節、どこに行こうが、素晴らしいばかり 2時間程で現着 イタヤカエデの…

続きを読む

花だの山菜だの

今週も快晴のお山 澄んだ空気に、朝日の山波が映える 満開のソメイヨシノの奥に、葉山 蔵王、まだまだ白い雪をまとう さて 出張帰りで、しばらくぶりの畑の見回り 桃の花から始まる、花のバトンリレーだそうだって、今が3部咲き サクランンボがチラチラと開花 まだまだ霜の多い季節なので、もう少し待ってほしい所 和梨も開花準備完了 毎年霜に…

続きを読む

晩秋の御所山(ウバコース)

約一カ月ぶりの山歩き やっぱり御所山方面に足が向いてしまう 霧の街を通り、山が近づくと快晴 9月以来の再訪 稜線は冬枯れだが、下は紅葉真っ盛り 10時過ぎの遅い出発。今日も登山者はいないようだ。 ウバコース登山口では白森が望める 白い点々は新雪だろうか? 晩秋の道 野川本流の道 馴染みの道と言って良いかもしれない 季節を変えて、何度来ても心地…

続きを読む

月山、石跳コース散策

好天の予報ながら、本日も所用が有り、午前中限定で ごぶさたの?月山へ ネイチャーセンターから 沢沿いの道は大好きで 豊富な湧水、何度も横切る小沢 時折、イワナが遊んでくれる 8月の豪雨の為、橋が崩壊 増水しなければ、大丈夫です 名前のとおり、このコース、大半は石の上を歩く 今年は、ブナの実が豊作 大好物のモダシが大発生 一週間前にくれば、大収…

続きを読む

浄の滝と長倉の大杉

毎年恒例、9月のプチ遠征 思い込みから来るトラブルがあり、予定を変更して、肘折温泉をベースに色々と廻った まずは、標高たったの573mの今熊山方面 豪雨の爪跡は至る所にある 昔、昔、見かけているはずの念仏温泉は休業中 始めてみる源泉はキラキラと輝いていた 少しぬる目 ブナの原生林 気分良く歩いて行ったが、御池に下る所で 聞き覚えのある、小犬のよう…

続きを読む

ウバコースから最上かご

紅葉は進まず、キノコ目当て 今日も所用があり、午前中限定コース といえば近場の御所山方面しか選択肢はない? 関所、黒伏山 眠そうな顔でお出迎え でも、ウバコース入口では、スッキリと白森 破線の登山道、今年は刈り払いされている様子 朝露で濡れる事もなく歩ける(長靴は) 時折、柴倉山が望めるのが楽しみ 朝日に輝く、野川本流に到着 トリカブトが花…

続きを読む

大高根山

大高根山は山形百名山のひとつ 全部を登ってやろう、などとは思わないが 立派な登山口があって、気になっていた山である ずいぶんと、さらに、立派になっておりました うれしい、気配り 本来の古道をパスし こんなの有ったけか? の、八森山周回コースへ あれれ、道は下って 沢方面へ こころづくしの木道があったりする 歩く人も少ないので、不要と言えば…

続きを読む

連休初日は、稲の種蒔き

さくらんぼの花は、終り加減 霜害は大丈夫だろうか? 今は、りんごの花が盛り ツガルりんごの花 フジりんごの花 今年もよろしくお願いします そして一番きれいな、和梨の花 傍らには山菜のナンマイ《みつばうつぎ》 その横には、ワラビが今が盛りと ニュキ、ニョキ その、横 毎日ドンブリ一杯、食べ続けた、クキタチ菜等々はそろそろ終わりだが 美味し…

続きを読む

2018山菜の季節の始まり

今日は一日小雨模様 昔の時代劇の決まり文句 『 春雨じゃ、濡れて行こう 』 が非常に似合っている 気温は高くはないが、風もなく、雨が心地よい 芽吹いたばかりの木々が、生き、生き しっとりと、タムシバなど 待っていた、山菜の季節 では、頂きます 今年の初物

続きを読む

氷点下10度の朝

今朝は氷点下10度 蔵王山頂とか早池峰とかと比べれば、まだまだ温かいのであろうが、寒い朝 たまった仕事を片付けに、休日出勤 朝焼けの朝日連峰が望める、いい朝だ 車を泊められる場所を探しながら、ウロウロ 凍結した幹線道路は交通多く、迷惑至極。 農道は除雪されず、はてさて・・・・ 車には安物のカメラ(一番安い1万円のカメラ)が積んである 蔵王と瀧山が望める …

続きを読む

今日から、終日薪ストーブ

今日から会社が休み 20~30cmの積雪となり、漸く年末の雰囲気である 朝から薪ストーブに火を入れる ストーブの上には色々と正月料理? 新巻鮭のザッパ煮 骨が軟らかくなるまで煮込む ヒョッとして良い事が有るように として、山形の正月では定番のヒョウ干しを戻す 鍋の順番待ち ナス干し(借金をナスて、来年も何事もナスように) 後は、ナンマイ干しと赤コゴ…

続きを読む

冬のきのこ(山菜納め)

今年も残すところ、あと一週間 しかしながら、全くもって年末の実感がない 週末の好天で、雪もほんの少し クリスマス寒波は来週にヅレコムようである ゆっくりの起床ながら、朝飯の前のキノコとり 毎週眺めては、大きくなるのを待っておりましたが ついに、我慢できづ、採ってしまった・・・ とった後で後悔しきり、 半分にしておけば良かった・・・・・ で、さっそく、朝の…

続きを読む

楠峰(御所山)

10月1日、 本日多忙 (稲刈りと、稲刈りのお礼酒と、お琴と、竹と) があるが、好天の予想・・・・・ 11時までには帰宅せねばならぬが、ちっと山へ 向かったのは、懸案の楠峰 とある大先輩が山頂名板を設置するのを待っておりましたが、待ちきれず、一足お先にという事で いつもの通り、黒伏山に、ご挨拶 続いて、柴倉山に挨拶 そこそこの、紅葉が期待できそうだ さすが…

続きを読む

加無山へ

今年、6月に甑山から見た加無山 標高はたったの997m 甑山と非常に似かよった、標高と山容 何も期待できないような、中途半端な季節ではありますが 行きましょう、原始の森へ 自宅から車で2時間 登山者も、行きかう車も無く、今日も一人旅のようだ 杉林を抜け、間もなく敷代川の渡渉 いつもの長靴なので、何の事はない ブナ林の快適な道 一旦沢に降り、そのまま右岸を進…

続きを読む

甑山 八の字周回

雄勝峠から望む特異な山々 30年前、新庄神室からこの峠まで歩いた時の画像ですが、 足跡を残せず、尾を引いておりました 及位経由、前森山林道終点の駐車場 つめれば10台くらいは駐車可能であるが、今日も車はない 先週に続き、修験の山 宿坊の跡だそうです 傍らには、山の神ならぬ、薬師堂 安全を祈願する 林道終点で標高600m以上、すぐに素晴らしいブナ林…

続きを読む

ワラビ取り

毎日ご馳走の畑のワラビは5月末に終了宣言 6月に入り、恒例、年に一度のワラビ採り 週末の天気は今一つ 風が強く、雨も降りそうであるが、今日しかない 山菜採りの慣例、昼過ぎに家をでる 午後3時過ぎ、現着 季節が遅れ気味の今年、少し早いかなと思っていたが、例年に戻っておりました 今日は採り尽くされた跡といった感じで、アッチに行っても、コッチニ行っても同じ 一面ワラ…

続きを読む

毎年恒例、赤コゴミとり

毎年恒例の赤コゴミ取り 山菜のお師匠様と カタクリが満開 コゴミが盛り 従って、目的の赤コゴミには少し早かった 別にかまわない 今日も新緑を愛で、気持ち良いばかり 小さいのと、細いのとであるが、何とか収穫 来年の冬に食べるには支障ない 午後からは、干す準備 お湯を沸かすには、火力の強い薪が一番 一家に一台のホームカマド…

続きを読む

笹竹採り

田んぼは乾かず、耕うんできない 畑は乾きすぎて、耕うんできない 変 とりあえず、草刈とか、肥料まき、などしか出来ない 今日は曇り時々小雨 畑作業の合間、 では今日も、ちょっとだけですが近くの山へ 山々はもえぎ色 いつもの場所のソメイヨシノは、五月の連休に満開、のはずである が、花は終わっており、いつの間にか季節は先に進んでいた では、藪の中へ タ…

続きを読む

霜害などなど

稲の種まきから五日 苗は今の所順調のようだ 表面の土が乾いてきたので、いつから水をやればいいのかを、思案中 乾燥すると日焼けしやすいのである。 梨の花は満開 であるが、一部霜にやられている 早い春であった去年よりマシである ジャガイモもポツポツと芽出 早く芽がでたのは霜にやられている ワラビは生育旺盛 隣の畑に進出中で、見つけ次第撤…

続きを読む

里のキノコ

このところ、良い天気が続きすぎている 今日も風もなく、汗をかくような、現場日和 里前のキノコが少し、ありました いつの間にか、こんな季節となってしまっている 冬のきのこエノキタケ 明日の朝は、大好物のエノキのすまし汁と思いつつ 残業を終え、遅い帰宅 ゴミを取り、水の中へ 待っていたのは、叔母様からのキノコの貰い物 あやー、キノコの後始末が大変だわね (…

続きを読む