大岡山

昨日は一日中、畑の草刈と草取り ようやく、草の見えない普通の畑となった 今日は朝から雨模様 早朝、突然、会社の同僚の死の知らせ 死因不明で、遺体は警察あづかり、 仏様のお顔も拝見できづ、何も出来ず、午前中は悶々としながら草刈 こんな時は・・・・・・・・ 山へ行って、思いっきり汗を流すか? 近くの大岡山(標高401m)登山口へ着いたのは14:10 日差…

続きを読む

スイカ収穫

5月の連休に植えたスイカの苗 雌花の開花は6月12日 本日収穫 草しか見えない? 結構鳥害が・・・ 防鳥網などなんのそので、つっつかれる 散歩している方によれば、カラス 網を張ってはいるが、賢いカラスにはかなわないかも知れない 2Lサイズの立派なスイカかである ヒゲ枯れOK。 叩くと、ビンビン響く 畑の反対側は、これから開花 9月まで食べられる、お予定 …

続きを読む

ツバメの巣立ち

昨日の朝から 車庫のツバメの動きが慌ただしい そろそろ、巣立ちのようです ヒナの数が足りない気がするが・・・・ 今朝は早朝からピイピイと騒がしい 巣は空屋となっており、飛行練習中らしい どこにでもいる、愛嬌のある、少しだけ覚えの遅い子が、一匹 両親が付き添う 両親の後を追って、しっかりと飛んでいった これから寂しくなる・・・・・ 夕方、…

続きを読む

ツバメのヒナとサクランボ終了と色々

我家の車庫には毎年ツバメが来る しかしながら、満足に子育てが完了した事は未だにない その理由は・・・・・ 巣を作る場所にある 車庫の天井の電燈、その笠の裏に巣はある どう見ても、落ちる 左側の泥は以前落ちた跡である このつばめが来る少し前に、反対側の笠に泥を塗りたくり、いつの間にか去っていくのが 別の種類のツバメ(胸が白い) 去年は、卵がかえる前に巣が落ち、…

続きを読む

高嶺の花を探しに

先週末から寒気が入り、今日がピーク 雷が心配されたが、朝は結構良い天気 今日は山の会の植物先生2名の先導で希少植物の花を探しにいった。 この山域はどこに行っても素敵なブナ林が広がる 二人の会話にはなかなかついていけない 東大の○○先生とか、九大の○先生とか・・・・ 何処何処のランは盗掘で無くなったとか・・・・ おろおぼえの名前を言うと、即座に修正のご指導を受…

続きを読む

田んぼの学校2015

田植えから一か月になった 今の所、除草剤は使ってないので 浮き草が一面に でもこれは、田んぼの南側、 北と西の風が多いので、北側は 例年どおり、雑草田 今年も、宿敵コナギとの戦闘開始、である 手押し除草で、多少効果はあったが 稲の廻りにまとわりつくので、後は手で取るしかない 手で田植えをすると、まる一日かかるが この雑草を手で取るためには、 この10倍の労力…

続きを読む

面白山散策(斜光を浴びて)

東京に出稼ぎに行っている娘のリクエストがうるさく 今日も山へ行ってしまった 天童高原に着いたのが、午後3時 三沢山までの散策 往復2時間である 花の開花は今一つ中途半端であった イワウチワは終わり、ムラサキヤシオはこれから タブシバだけが盛り でも、夕方の斜光を浴びて、結構いい写真撮影ができた (コンデジでありますが) やっぱり、朝と夕方はいいですね …

続きを読む

出羽の三森(コシアブラとワラビ)

今日も朝から農作業 ひと段落したので、午後から山へ散歩、 自宅から歩くのを散歩と言う? 運動公園には人だかり モンテの練習を見守るサポーターたちである 100から・・・・200人はいるだろうか? 運動公園では中学生の駅伝大会開催中 近道のつもりが、遠回りとなってしまった 道すがら、果樹園の花々も、少し開花し始め 桃の花とサクランボの花が、チラホラと サクランボの花…

続きを読む

山形の春景色(山野草)

今年の春の訪れは、だいぶ早い 庭の山野草(山菜)もあっと言う間に花をつけ始めた 特に、ワサビはグングンと大きくなって食べ頃である 蕾のついた茎を食べる 生でも食べられるが、さっと熱湯に通し、タッパに入れ、醤油をポタリ、密封して冷蔵庫へ 【フスベ】て食べる (辛すぎて食べられない人は、蓋を開けておくと良い) イチリンソウも花を咲かせ始めた キクザキイチリンソウが大半、ア…

続きを読む

農作業の季節到来

今年は春が早いようだ 庭の福寿草も満開 こちらは、在来の福寿草 用心深く、なかなか花を見せない まだ雪が降ることを分かっているようだ ミスミ草も開花 朝、家の隣の果樹園の消毒の音で目が覚めた 我畑も急がれるような感じである が、果樹の花芽はまだ動いていない 果樹園の剪定は終了 枝片付けが今日の仕事 焼却処分開始 野焼きは禁止だが…

続きを読む

蛍峰と銀山

仕事柄、人知れぬ山に入る事が有る。 今年は、カメバチ(ススメバチ)の巣を3か所で発見。 会社の同僚は5か所刺された。 そんな仕事の中で、ちょっと気になった三角点を紹介いたします。 山形市の西山に位置する、標高218.7mの山 村木沢小学校の北西にある、何の事もないヤブ山 地元では何と呼ぶのか分からないが、国土地理院の【点の記】では、 ”蛍峰”と表記されている。 点…

続きを読む

3月1日春のきざし(千歳山)

昨日は一日中、リンゴの木の剪定 だいぶ雪も消え、脚立の設置も楽になった 上に上にと延びる木 さて、どうすっべか?しばし眺める 夕方には右肩が痛くて上げられなくなった。50肩。 左膝も50膝で、無理をかけると、一か月ぐらい痛みが続く。 今日は高曇り。午後からは雨の予報である。 庭の福寿草は開花準備OKのようである。 井戸のそばなので暖かいのであろう。 窓辺のサ…

続きを読む

山形市民の山(千歳山+大岡山)

先週とは打って変わり、今週は山形も雪模様。 新雪は10cm。累計積雪は50cm程 新雪を愛でながら、近くの山々で体力づくりと思った まづは千歳山。千歳公園から 千歳山の麓には10台程度の専用駐車場があるが、満員御礼。 南斜面から入山、積雪は昨日の新雪だけのようである。 トレーニングの若者に追い越され、80歳を超えるお年寄りを追い抜く。 リュックを持たない人が大半であるが…

続きを読む

2月、りんごの剪定開始

2月に入り、立春。 先週は雪らしい雪も降らず、道路は乾燥。 昨日(2月7日)は快晴。真っ白な月山・朝日連峰も見渡せたが仕事である。 冬には、ひと月に2回~3回しか姿を見せない山々である。 今日は朝から高曇り、遠くの山々は霞んでいる。 風もなく、良い天気である。 今年初の農作業に出動。りんご畑へ りんごの木の剪定である。 あちこちにの畑にも人影、声をかけると、同じく今年…

続きを読む

舞鶴山へ散歩

山形は今日も雪もよう 朝から家の廻りの除雪 そして、ユルリと薪ストーブの火の番 午後からは散歩 少し遠出しよう、ということで、舞鶴山まで足をのばす 山すその北目までは自宅から40分 愛宕神社から山に入る 神社までは、普通に歩けるが、右手の山道は雪 誰か、彼かが歩いて、踏み跡があると思っていたが、まったくない 膝下の雪。スパッツも何も無いが、まあ、行こう。 …

続きを読む

10年ぶりのスキー

10年ぶりに、スキー 末の子供が小学生の時以来である 午後から晴れの予報 小屋の2階から道具を引っ張りだしてきた。 スキーは使用可能。ウエアもOK。 ストックはビニール部分がべたべたするが、使用可能。 ゴーグルは使用不能であるが、今日の天気では不要。 手袋は、軍手でOK。 小屋の2階には、過去の遺物(要らないもの)が沢山あるので、ついでに掃除 昼ご飯を食べてから…

続きを読む

元旦の朝(清池の八幡神社)

元日 昨日の雨から、夜半に雪に変わり、10cm程の新雪 朝ゆっくりと起床、元旦参りは、近くの村社へ ついでに、清池の八幡神社へ 畑の中の近道を歩いてゆく 小山のように見えるが、鎮守の森である ケヤキの大木 幹廻り5m以上のが木が所々に 今日、午後には巫女の舞が奉納されるそうだ 清水が豊富な地 子供の頃には、あちこちに湧水池が見られた …

続きを読む

山形に冬到来・・・・祝モンテJ1

先週末から山形にも冬がやってきた まだ雪の量は大した事はないが、電車が8時間止まったり、18台の玉突き事故があったり、 あちこちで初冬ならでわの、トラブルが発生しているようだ 今朝の庭 ビワの花はこれから。真冬に咲き続ける。 ダイコン、ネギは自宅の庭で保存。好きな時に収穫。雪は保温材となる さて、リンゴの収穫は先週で終わったが、最後の跡片付け 脚立と…

続きを読む

りんごの収穫

今日から、りんごの収穫である 朝方は小雨。 ダイコンを収穫したり、干し柿用の柿を収穫したり、庭の植え木を始末しながら時間をつぶす。 9時頃から日がさし、りんご畑に向かう。 今年は、玉が小さい。 欲張りなので、ならせ過ぎ。 木が元気であれば、沢山ならせても大丈夫なのであるが、 葉が少ない。 葉は元気の大元である。剪定の失敗。 鳥がつついた跡 …

続きを読む

山形の紅葉(今年は最高の色づき)

今朝は、天気予報のとおりで寒い朝 初霜、初氷が観測された。 月山、朝日、蔵王の峰々が白く輝いていたが、霞がかかり、写真には無理 畑の野菜を記録する ダイコン 順調に育っている。 今週末には、収穫して、干さねば。 今、平地では紅葉が真っ盛りである。 モミジは真っ赤。紅葉の当たり年。 今年は、雨・強風が少なく、その割に、急激に気温が下がった。 …

続きを読む

晩秋の花

昨日は蔵王山で初雪となった。 今日は、午後から竜山とか雁戸山が望めたが、初冠雪は見えない めっきりと寒くなり、庭も晩秋の様相である。 そんな中で、この季節に花を咲かせる木もある 早春の庭が一番であるが、晩秋の庭も中々良い チャノキ(お茶の木) 清楚な花である。 大好きな花であるが、日当たりの悪い所に植えてしまい、で生育が今一つである。 チャノキは虫が付きやすく…

続きを読む

ヒツジ草(スイレン)

夏になると スイレンの花が楽しみになる。 日本に自生する睡蓮、ヒツジグサである。 山の中の池から取ってきて、 昔使っていた浴槽に植え込み。 日中開花し、夜は花を閉じる。 純白の花は高貴。 ところで、ハスは植えて5年になるが、花を見せてくれない。 雑な性格では難しいようだ。 庭の片隅にはシドケの花

続きを読む

タケノコとり(3)

6月15日、日曜日。 待ちに待ったサッカーワールドカップ初戦である。 残念ながら、実力と気迫と采配が及ばなかったようで、完敗である。 内田だけが光っていた。 さて、果樹の摘果もひと段落、と言う事にして、昼からは山へタケノコ取りとする。 私の場合、山菜取りは、大体が、日曜日の昼から出かける。 一路、笹谷峠へ。 峠は、車で一杯であるが、すでに下山の時間帯。駐車オーライである。 …

続きを読む

田んぼの学校(カブトエビ発見)

6月も中旬。 田植えから一か月もすると、稲も元気です。 さかんに分ケツ。 しかし、雑草(コナギ)が・・・・・・。 除草剤はあまり効果なっかたようだ。 除草剤の散布で、ミジンコと浮き草は絶滅したが、かんじんのコナギには全くきかなかった。 水を落して、バサグラン(除草剤)投入を決意する。 水を落すと、わずかに残った水溜まりに田んぼの生き物が集合。 タニシはこの辺の田ん…

続きを読む

東根の大ケヤキ

山形の巨木の中で、私が出会った中で、一番風格のある木が東根小学校にある。 日本一の大ケヤキとして国の天然記念物に指定されている。 その風格を目の当たりにできる時期が今、新緑の季節である。 樹齢1500年と言われる年月を刻みこんだ樹肌と、生命感をみなぎらせる若葉。 実物を、本物を表現できる写真技術は持ち合わせてないと思うので、 数枚アップしてみます。直径5mの大木です。 …

続きを読む

舞鶴山

天童市の中心に位置する、舞鶴山は市民の憩いの場? となるべき所であるが、中々、そうはなってない。 天の童(てんのわらべ)と舞鶴山(つるがまう山) と、おとぎばなしに出てくるような地名でありながら、山形ながらの口下手、宣伝べたの上に、市民も山には目を向けていない。 古城、貴重な自然を残しながら、天童市民が訪れることは稀であると思う。 近年、公園整備を行って、少しは整備が進んでいるが、…

続きを読む

タケノコとり(1)

新緑の季節。タケノコ(笹竹)の季節が始まった。 5月の連休から、8月の末までの長い期間楽しめる、一番大好きな山菜である。 近くの、いつもの山に向かった。 タラの芽もまだ固く、小さく、まだ早い感じ。 毎年訪れる場所であるが、山菜は数日早いようだ。 カタクリ、タチツボスミレなどを愛でて、下(暖かい所)へ向かう。 日当たりの良い場所を探し、沢沿いに進む。 笹竹がそこそこあり。…

続きを読む

霊山 一念峰(いちねんぼう)は今年の初山行

今年初の山行きは米沢と高畠の間に位置する標高470mの一念峰である。天気も良いし、新緑の季節。枯れ木の山は好きではないので、新緑を追いかけて高度を上げていく感じ。 上海上(かみかいしょう)から望む一念峰。一番高い所が奥の院か。道路わきに一念峰の案内板があり、車数台が駐車可能。農道は車両進入禁止である。 で、登山道は??左手の鳥居の方に向かってみると、小さな祠で行き止まり。 農道なり…

続きを読む

戸沢村幻想の森

山形の自然をお届けします。 一本一本のスギが自己主張している 最上町権現山のカツラ(幹周日本一)に立ち寄った。 案内板のある林道から山道を40分程登ると出会える。

続きを読む