御所山(層雲峡より)

久しぶりの快晴の日曜日 懸案として残っていた、層雲峡コースに行ってきました 森林軌道跡を進む 2回目なので、勝手知ったるといった所 クラビコースを分ける落合から、沢へ 今日はいつもの長靴はリュックの中、昔使った沢靴装備 最初は川原歩きであるが やがて綺麗な渓となる 手がかり、足掛かりの多い岩 鎖もあるので、楽ちん 一見して危険であるが これも…

続きを読む

まだまだ花盛りの鳥海山(湯ノ台コース)

お盆を迎え、 東京に出稼ぎ中の子供達が勢ぞろい 今回はどこの山へ行くの、と長女からのリクエストがあるが、天気が今一つで、毎日酒浸り 漸く、何とかなりそうな天気となったので、花の山、鳥海山へ向かった 車中泊の皆様方に迷惑にならないよう 下の駐車場についたのは前日の夜8時頃 こんなに素晴らしい星空を見るのは何年振りか?流れ星も少し 朝6時頃、標高1200mの登山口駐車場には…

続きを読む

夏になると月の山へ

8月に入り、ようやくミンミンゼミが鳴き始めた 朝から真っ青な夏空であるが、 奥羽山系も西の山々も雲に覆われている 夏になると月山に行きたくなる 避暑という事で、家を出たのは9時少し前 10時半にはリフト終点に降り立つ ガスの山の予想を裏切って、ここにも夏空が広がっていた 夏道に横たわる雪渓はほぼ無し 久しぶりの快晴の日曜日とあって 山頂への道は人だらけ …

続きを読む

障子ケ岳周回

7月に入り、朝日連峰も夏山のにぎわいと思われるが 目指したのは、静かに歩ける障子ケ岳 何と言っても、自宅から車で一時間ちょっと コースタイムは10時間近くであるが、体力試しも兼ねてという事で どっちから登ろうかと迷いつつ、竜が岳コースを選んだ 朝から青空、暑い日差しが射しこむ ダラダラとした登りは好きではない 木の間から、障子ケ岳や月山が望まれる…

続きを読む

ちょこっと山形神室

サクランボの収穫の最盛期であるが、今日の最高気温は30度。 本日の収穫のノルマは午前中で終了という事にする では、昼からは近間の山へ、避暑 この所、仕事でも山歩きしているので、体力万全 笹谷峠を見下ろす すでに下山している人も多く、余裕で駐車 春の花と、夏の花との端境期、花は少ない アズマギクは終盤 足元の花は少ないながら、今が盛りはヨウラクツツジ ハマ…

続きを読む

沢渡黒伏から白森

サクランボの葉っぱ摘みと、リンゴのオロヌキが急がれるこの季節 毎年恒例の息抜き、笹竹採りを取りやめ 午前中限定の予定で、懸案の沢渡黒伏に向かった 楽しい藪こぎと、帰路タケノコ採りと、午後からは畑仕事と、大変に欲張りなプランである 遅沢林道は途中で立ち入り禁止の表示 真面目な私は、迷うことなくここに駐車 登山口付近には一台の車 林道は少しだけ悪くなっているが、以前と大差な…

続きを読む

新緑の二口峠

仙台と山形を結ぶ歴史ある二口峠 古道ブームの陰で、 権威ある、山と高原地図から削除され、廃道と認定されてしまった 毎日眺める奥山山系の緑は標高1200m程まで上がり 今が一番ではないかい? という事で、山寺の馬形から高沢へ【二口】の由縁を繋いでみる この山道は県道 登山道の刈り払いをしている山形市の管轄外なのであります それでも、藪は殆どなく、2m幅の古道…

続きを読む

村山葉山

東京に出稼ぎ中の子供たちが帰ってきた 今日は山に行きたいそうで、少しだけ立派な山を歩きたいとの事 すぐに頭に浮かぶのは月山とか湯殿山であるが、人が多く トイレの近い我家には不向き それではと、朝に夕に眺める葉山、今年は雪が多そうで、決定 畑に行くのも30年ぶり 昔の山荘は建て替えられ、随分と親しみやすい所となっていた 雪解けは始まったばかり さて、どこが道かは…

続きを読む

新庄神室(中先峰まで)

天気も良いようだし 少し真面に歩こう! という事で、新庄神室方面へ 道すがら、山が緑に染まっており、ブナの芽吹き確認 地元の山々より春が進んでいた この景色を目にしただけで、もう満足といった感じ 親倉見から出発 昔昔、春先に何度も通った道だが、全く覚えがない 杉の植林地を抜け、尾根道 ブナの新緑が眩しい 権現山の奥に禿山系 一…

続きを読む

小湯山ハイキング

農作業もひと段落 新緑はアット言う間に駆け上がるので、少しだけ散策 春になると恋しくなるのが、まほろばの里、高畠町 小湯山へと向かった 駐車場には真新しい案内板が設置されていた 前の看板は古ぼけていただけに、これだけで随分と雰囲気が明るくなる 周回の散策路であるが、目指すのはこちら、高岩 多分、道はない まずは、登りましょう、という事で、 時計回り、左手…

続きを読む

面白山(翌日)

という事で、 今日は一番乗り 昨日のトレースがそのまま残る 朝の堅雪のため、トレースの無い所の方が歩きやすい 少し雲が多めだが、下り坂の予報はどうなんでしょうか 毎度毎度の、大畑山 奥には甑岳 キャンプ場到着 キラキラと眩しい雪面 天気が良いので、今日は尾根(冬道)を行きます 今日は霧氷のカケラもなく、黙々と歩くしかない 2時間程で、…

続きを読む

面白山3月

朝から晴れるとは思ってなかったが、天童高原スキー場は小雪模様 キャンプ場に近づくと、青空も覗く では行ってまいります 【お気をつけて】とウバ様 夏道コースへ と思いきや、間違って作業道へ 後続の方に難儀をおかけいたしました。ごめんなさいい。 50m登って、夏道に復帰 今日は霧氷が素晴らしい 吉野平牧場分岐付近のカラマツ林も一面花盛り 多くの山は見え…

続きを読む

素晴らしき白森(の見える所まで)

今日は、めづらしく早く家出で、山へ 空模様は、・・・・・雲が多いが、風が弱いという予報を信じる JJスキー場には8時到着 第三駐車場で支度をしていると、登山者は第5Pへと追い立てられ、 行ってみると、続々と登山者が集合、何やら賑やかな人だかり 今日は東根山岳会の一般ツアー登山日だそうです 総勢25名。黒伏山まで。 では、ただ乗りという事で、(許可を頂いて) 我々は白森…

続きを読む

面白山方面散策

晴れの休日は久しぶり 毎年恒例のような、 面白山へ 久しぶりの山であります 天気も良いし、ハイキングという事で、遅い出発 ウサギの足跡 上下は前足、右左に広がるのは後ろ足 従って、上から下に走っっている 雪山で、一番最初に教えて頂く足跡です ど、ドーンと南面白山、左に大東岳 いつもの休憩場所 大畑山の奥に沢渡黒伏 面白山も望める (この先…

続きを読む

思い出の山(神室の沢)

新庄神室(連峰)はたかだか1300級の山々であるが、大好きな場所でありました。 アプローチも比較的便利で、登山道も縦に横に、主な尾根には道があると言って過言ではない。 各登山口の、地元の皆様が大切に手入れされている事に感謝して登らねばならない。 その大好きな、神室の沢を、少しの写真しかありませんが、紹介したいと思います。 7月上旬、根の先沢 終日小雨…

続きを読む

思い出の山(北海道)

思い出の山は、学生時代までさかのぼります 当時でも時代遅れのキスリングを、言われるまま、購入 普通25~30kg、重い時は40kgを背負って歩いた ”先輩、カメラを持って行って、いいでしょうか?” ”そんな余裕があるのなら、ほかの人の荷物を持て!” ”・・・・・” そんな訳で、まともな写真は3年になってから 憧れの大雪山 縦走路の真ん中、遥かな…

続きを読む

思い出の山(祝瓶山)

まだまだ冬山初心者の頃 正月の祝瓶山です テント一泊、雪洞2泊 好天を期待して、森林限界で雪洞2泊 待ったかいがありました 大朝日岳から 何と言っても、未開の山域、袖朝日方面が素晴らしい 桧岩屋山 そして、その先には巣戸々山の双耳峰 鈴振尾根を戻る 一月なので、雪面も綺麗であります 当時は、体力的には、余裕の山行で…

続きを読む

思い出の山(以東岳)

今は昔 3月も半ば 大井沢の根子から竜門小屋まで、視界がきかない中であるが一日行程 冬山であれば、清太岩山手前で一泊が普通 春先なのと、若いので、体力がありました 夕方から、ガスが切れてきた 月山であります 翌日以東岳へ これが、結構遠いのである この景色が見たかった 以東岳山頂、ここでは雪洞泊り 雪が固く、スコップはおろか、ピッ…

続きを読む

ワカンで散策(黒伏山付近)

二日酔い気味の日曜日 朝から快晴 少しだけ歩きたくなった JJスキー場を目指す すばらっしいので、南峰アップ 山菜の師匠様は、若い頃この沢を詰めて登ったそうな 北峰 10時30分 スキー場に着いた時は、最下部の駐車場が満車寸前でありました ここから、トコトコト道路を歩く 角度を変えて 柴倉山が見えてきた 今日は、あの山の横、柳沢…

続きを読む

面白山(暖冬でも冬山でした)

12月も末 3連休であるが、昨日も一昨日も仕事 今日は久々に、山へ散策と決めていた 移動性高気圧となりそうであったが、今一つの天気予報 雪不足で開業閉店の天童高原 ネズミでも探しているのか、キツネが走り回る 山頂方面はガスの中であるが、一部青空も覗く 少ーし期待して、出発 しめ掛けの松と姥様に挨拶 訪れるたびに変化のキャンプ場 何と…

続きを読む

朝仕事(仙台カゴ)

今日は土曜日であるが、会社は休みではない 私は、従妹の結婚式に出席するため、休み 久しぶりの好天の予報 後で後悔しないように、今日も、ちょっとだけ、山へ 11時には家を出て結婚式へ行かねばならぬ ところが、日曜日の尺八演奏の準備で、寝たのは12時頃 ぐちと前置きが長くなったので・・・・・ 観音寺口の関所、いつもの黒伏山 紅葉は思っていた程は進んでいないが、そこ…

続きを読む

秋を探しに(瀧山)

10月は忙しい 山の紅葉は今一つの様子 天気も今一つ でも、ちょっとだけ山へ、と瀧山へ向かった 朝7時半に三百坊の駐車場到着した 山形市民に人気の山であるが、登山者の車はない 山頂には少し雲がかかるが、曇りベース 前滝コースへと進む やはり紅葉は遅れている様子 キノコは少しだけ もうムキタケの季節となっている 大好きなサワモダシも少しだけ 去年はあ…

続きを読む

六角牛山

毎年の恒例、9月の遠征 10月からは忙しくなるので、今しかないのある 普通の方々は、日帰りでドライブであるが 私の場合、片道2時間以上は一泊の旅行となる 好天の天気予報であったが、段々と悪くなっていく 昔の古き日本の風景が色濃く残る、懐かしき遠野に一泊 天気と相談しながら、迷ったあげく 遠野のシンボル的な山、六角牛山(ろっこうしやま)に決定 昔の歌【遠野物語】でも…

続きを読む

仙台カゴ(偵察)

今日は地区の運動会 忙しいのが分かるのか、参加のお誘いはない 昨日まで相馬の山仕事でお疲れ気味 朝仕事は、ババ様の生きがい、の庭畑の耕うんなど (セイサイを播かねばならない) ようやく風邪も治り、足の痺れもだいぶ良い ちょっとだけ、山へと思いつつ 決断した時には8時30分をまわっていた。 目指すは仙台カゴ 分かる人は分かる山 御所山の中心に位置する秘峰である お…

続きを読む

清川小屋から本道寺コース

朝4時に起き 稲荷神社と呼ばれる小山へ 何十年ぶりのご来光 手前の1398m峰が邪魔でありました。 昨日に引き続き、朝から快晴。 従って、雲海はない。残念。 蔵王山方面。 雁戸山はどこから見ても分かるので、ノペーとした蔵王山が指呼できる。 面白山方面 さて、今日は午前中に帰宅する必要があるので、下山開始 昨日の山頂への道はこっち。 のっけからイタ…

続きを読む

月山(清川行人小屋)

今日は朝から抜けるような青空 登山日和であります これもまた、35年ぶりの清川行人小屋コースへ 日帰りではきついので、一泊荷物で出発 リュックは大きいが、殆どは空気、15kg程 さて、腰が悲鳴を上げなければ良いが 去年と異なり、岩根沢林道は登山口まで車両進入可 人の少ないコースであるが、駐車場には2台の車がある。夏山らしく、そこそこの賑わいを見せているようだ。 夏の日差し…

続きを読む

今日も山形神室

熱中症注意の下界での草むしりは、辛い 山は少しは涼しいだろうし、ユリの花も開花してるべ、 ということで、今日も、近間の笹谷へ 峠の駐車場は、ほぼ満車。 それでも、春先の混雑の半分もない 駐車場からすぐに、期待通り、ヤマユリの道 先週よりは、少しだけ、いい天気。 でも、ハマグリ山から先はガスの中 ちょこっと楽しい、岩らしき道 先週から引き続きの、満開の花々を改…

続きを読む

山形神室も花盛り

朝、月山が見えるのは何日ぶりだろうか 一ケ月以上、前なのは間違いない 見事に雪のない、月山・・・・・9月の様相。 特に大雪城の小ささが目につく 大朝日も同様で暑苦しい 蔵王山方面 仙台側から雲が流れ込む、夏 雁戸山の雲具合がいいんでないか という事で、今日は山形神室の散策と決定 手前の軽自動車群、今日は、朝から、田んぼの一斉草刈日であります 夏は人…

続きを読む

雨に濡れる花(月山)

今日は曇りの予報 午後から用事があるので、午前中限定 月山へ向かう 霧雨の駐車場には30台程度の車 今日は花見山行。 雨も、これまた、良いんでないかい、という事で出発。 当然、リフト使用で、姥ケ岳へ 姥ケ岳のチングルマは間もなく稚児車となる 雪解けの後から、次々と花が開くので、晩秋まで花盛りなのが月山 ヨツバシオガマは花盛り ニッコウキスゲは…

続きを読む

御影森山(クロベの巨木)

夏を告げる、3連休 天気はイマイチであるが、今日もまた、涼しくて良いだろう という事で、日本一と言われるクロベの木を見にいって参りました 朝日鉱泉のすぐ脇の駐車場には、2台の車 人気の古寺コースとは違い、こちらは静な山歩きができそうだ つり橋を渡る 暫くぶりなので、全く記憶がない 大朝日へのコースから別れ、2つ目 よく整備された、丁度いい勾配の登山道がつづく …

続きを読む