笹谷古道から

天気は良いのだけれど、行きたい山が決まらない やっぱり、新緑だべ 自宅から車で30分、冬季通行止め、笹谷街道宮城県側に到着 開通は4月27日の、昼頃だそうです。 萌黄色の山々が素晴らしい 来て良かった ここも、お初の道 何があるのか楽しみである 標識は完ぺきだが、今日も一人旅 馬頭観音 安政2年、奥のは天保14年と記されている 切通しが古道の…

続きを読む

思い出の山(北海道)

思い出の山は、学生時代までさかのぼります 当時でも時代遅れのキスリングを、言われるまま、購入 普通25~30kg、重い時は40kgを背負って歩いた ”先輩、カメラを持って行って、いいでしょうか?” ”そんな余裕があるのなら、ほかの人の荷物を持て!” ”・・・・・” そんな訳で、まともな写真は3年になってから 憧れの大雪山 縦走路の真ん中、遥かな…

続きを読む

六角牛山

毎年の恒例、9月の遠征 10月からは忙しくなるので、今しかないのある 普通の方々は、日帰りでドライブであるが 私の場合、片道2時間以上は一泊の旅行となる 好天の天気予報であったが、段々と悪くなっていく 昔の古き日本の風景が色濃く残る、懐かしき遠野に一泊 天気と相談しながら、迷ったあげく 遠野のシンボル的な山、六角牛山(ろっこうしやま)に決定 昔の歌【遠野物語】でも…

続きを読む

御影森山(クロベの巨木)

夏を告げる、3連休 天気はイマイチであるが、今日もまた、涼しくて良いだろう という事で、日本一と言われるクロベの木を見にいって参りました 朝日鉱泉のすぐ脇の駐車場には、2台の車 人気の古寺コースとは違い、こちらは静な山歩きができそうだ つり橋を渡る 暫くぶりなので、全く記憶がない 大朝日へのコースから別れ、2つ目 よく整備された、丁度いい勾配の登山道がつづく …

続きを読む

雁戸山初雪

朝、小東岳方面は快晴 月山は雲の中 昨日初冠雪の雁戸山山頂には、雲がまとわりついている 回復傾向の天気なので 初雪を求めて、雁戸山へ 自宅からは、高速を使って20分程で仙台笹谷IC 国道沿いに案内板 笹雁新道。ここも初めての道 ここから、車で上がり、途中の駐車スペースに駐車 めづらしく、事前リサーチ有り。(愛読書:山と高原地図) 駐車スペースはないとの事であったの…

続きを読む

山形に冬到来・・・・祝モンテJ1

先週末から山形にも冬がやってきた まだ雪の量は大した事はないが、電車が8時間止まったり、18台の玉突き事故があったり、 あちこちで初冬ならでわの、トラブルが発生しているようだ 今朝の庭 ビワの花はこれから。真冬に咲き続ける。 ダイコン、ネギは自宅の庭で保存。好きな時に収穫。雪は保温材となる さて、リンゴの収穫は先週で終わったが、最後の跡片付け 脚立と…

続きを読む

南面白山

午前中は田んぼの草刈。 と、地区の運動会にチラット参加。 運動会の参加は気が進まないが、ご無沙汰している知り合いとあちこち会えるので、 これはこれで、良い。 田んぼの草刈は終わらないが、天気が良いので、午後から山へ。 二口林道へ向かうが、通行止め。 ネットで通行可と確認したつもりだが・・・・・ 南面白山へ向かう。 面白山コスモスベルグ(今はスキー場とは言わない)14:…

続きを読む

北面白山

今日は午前中農作業。 天気は晴れだが、遠くの山々は雲がかかっている。 ぐるっと見回して。 サラット、面白山で汗を流してこようと思った。 天童高原までは、車で30分。 随分車が多いと思っていたが、今日はバーベキュー開催日であった。 今日は放牧された牛を見ることはできなかった。 搾乳農家が激減し、牛の放牧はほんのわずかである。 私が子供の頃は、農家と言えば、牛を飼っていた。 …

続きを読む

月山ハイキング

お墓参りとか、御中元廻りとか、お盆も何かと忙しい。 東京から帰省中の娘のリクエストがうるさいので、最終の日曜日、月山に行く事にした。 私は夏カゼと、酒飲みで今一つ体調不良。 小雨模様の天気予報であるが、行くだけ行ってみるか? サラッと。 娘は、今日東京に帰るので、時間もない。 10時前に車で自宅を出発。 時折小雨模様となるが、空は意外と明るい。 ガスの車道を上がると、…

続きを読む

蔵王山・・・コマクサを

台風一過、の晴天を期待して蔵王に上がった。 久々に、コマクサでも見に行くか? 東京から独身娘が帰ってきたことから、車で刈田駐車場まで。 夏の蔵王(お釜)は中学生以来か? 昔、昔、冬に泊まった刈田レストハウス2階片隅にある避難小屋は、今も健在のようで嬉しくなる。 蔵王は大きく、カメラに収まらない。 観光客に同化してそぞろ歩き。 歩きながら、何度もお釜を確認してしま…

続きを読む

亀岡 文珠山

一念峰の帰路、日本三大文珠様、亀岡文珠に寄り道。ついでに、そのまま、山に入った。 ここも入山口が分からず、とりあえず、文珠様に会いにいった。 道はなく、引き返して駐車場へ。案内人から再度確認する。上に延びる林道沿いから入るようだ。急坂で上る人はいないとのことである。 林道を進み、左手に案内板。一度林道を横断して東の小尾根に道が続く。 ひたすら登るのみの道で…

続きを読む

山 2011.10.10

子供と妻と4人で朝日連峰へ 子供達は来年から東京へ (親孝行で付き合ってくれた) 日暮沢から清太岩山への登り 木の根が面白い 10月というのに、虫達がお出迎え 主稜線は雲の中

続きを読む

山 2011.9.24

雁戸山にいって来ました。 南峰と北峰とに分かれた双耳峰 手前が前山。奥が北雁戸山 前山と北雁戸の間は岩場【蟻の戸渡り】

続きを読む