白髭山へ散策

ご無沙汰です。 (行きはガス。帰りの様子です) 観音寺コース登山口には、10台ほどの車 山形ナンバーが大半で、トビダケ狙いも数台か? 安全をお願いし 間もなく、道脇にブナの枝が散乱 何? 真新しい、クマ棚でした 近年、人間を恐れない様で、困ったものであり、 それでも、奥山のクマは比較的安全と言う神話があるが・・・・ ブナの実は平年作であ…

続きを読む

船形山(観音寺口)

本日はサクランボの収穫の最盛期であろうか? 快晴の空 忙しそうな果樹園の方々を横目に、 私と言えば少しだけ余裕、で山へ ご無沙汰の黒伏山 柴倉山に挨拶 帰ってきた、ブナの道 最上カゴに挨拶し 道脇にはズダヤクュシュが花盛りで 特別の花はないけれども アカモノは今年初見 名残のサンカヨウは、花弁を落とすばかり 朝の光を受ける、ウラジロ…

続きを読む

晩秋の御所山(ウバコース)

約一カ月ぶりの山歩き やっぱり御所山方面に足が向いてしまう 霧の街を通り、山が近づくと快晴 9月以来の再訪 稜線は冬枯れだが、下は紅葉真っ盛り 10時過ぎの遅い出発。今日も登山者はいないようだ。 ウバコース登山口では白森が望める 白い点々は新雪だろうか? 晩秋の道 野川本流の道 馴染みの道と言って良いかもしれない 季節を変えて、何度来ても心地…

続きを読む

ウバコースから最上かご

紅葉は進まず、キノコ目当て 今日も所用があり、午前中限定コース といえば近場の御所山方面しか選択肢はない? 関所、黒伏山 眠そうな顔でお出迎え でも、ウバコース入口では、スッキリと白森 破線の登山道、今年は刈り払いされている様子 朝露で濡れる事もなく歩ける(長靴は) 時折、柴倉山が望めるのが楽しみ 朝日に輝く、野川本流に到着 トリカブトが花…

続きを読む

白森周遊

早いと思っていた今年のサクランボ 以外に着色が進まないので、山へ行ける! 関所、黒伏山は雲の中 心もどんよりとしたまま、乗らない山行き 天気が悪いので、遅い出発なのであるが、駐車場には登山者の車はない 今日は(も)一人旅 クマよけラジオと、雨よけ傘を手に、では お初のコース 黒伏山すそを通る道は、花も終わり、 登ったり下ったりの忍耐道 たまに、花は、ギ…

続きを読む

今日も白髭へ

今週も快晴の予報 昨日は山々に雲がかかっていたので、霧氷が見られるのでは ということで、先週とおんなじ所へ (本当は白森をと思ったが、川の雪が崩壊寸前、で速やかに撤退) 少しの白が加わり、まばゆい朝 今日も、お日様にむかって でも展望の尾根コースから 霧氷は待っていてくれるだろうか? 今日は新雪、先週とは別の山 大変きれいであります 先導頂くのはキツネ…

続きを読む

快晴の峰々(白髭山)

日の出はだいぶ早くなったようだが、朝仕事の習慣は、まだ、まだ いつものとおりの冬時間、6時起床 すっかり明るく、そして黒くなった黒伏山 今日は快晴 JJスキー場から、本日は白髭山を目指す スノーモービルと足跡多数 杉林が続き、展望なし そういえば、そうだったと後悔 お日様に向かって、適当に歩くのみ 30分程で柳沢小屋 雪解けが進んだとは言え、2m以上の積雪 …

続きを読む

白森へ(雪洞泊)

昔、昔、朝日や新庄神室の冬山でお世話になった大先輩から、白森へのお誘い 大好きな山(手軽な山)とあって、一つ返事で参加した次第でありました 微妙な予報が続くなか、晴れ男の面目躍如 朝焼けの月山を眺めながら、関所到着 緩みきった気持ちと体、これらを一気に引き締めてくれる場所である 朝焼けには、ちょおと出遅れ さて、第一関門の渡渉 やっぱり雪は少な目 渡りやす…

続きを読む

柴倉山へ秋を探しに

期待していた晴天は、何処へ? 近くの山は雲の中 東風を受けての曇り空、 県境から外れた、瀧山とか黒伏山は大丈夫では? 迷いながら、向かった先は柴倉山 一部青空も覗かせながら、関所の黒伏山には日が射さない 本日は西川さんたちが岩を登る日のようで、出発準備中、を横目に JJスキー場、P4から村山野川を渡り、直ぐに急登 大好きな、急登 間もなく、ココモカヨのナラ枯…

続きを読む

楠峰(御所山)

10月1日、 本日多忙 (稲刈りと、稲刈りのお礼酒と、お琴と、竹と) があるが、好天の予想・・・・・ 11時までには帰宅せねばならぬが、ちっと山へ 向かったのは、懸案の楠峰 とある大先輩が山頂名板を設置するのを待っておりましたが、待ちきれず、一足お先にという事で いつもの通り、黒伏山に、ご挨拶 続いて、柴倉山に挨拶 そこそこの、紅葉が期待できそうだ さすが…

続きを読む

御所山(層雲峡より)

久しぶりの快晴の日曜日 懸案として残っていた、層雲峡コースに行ってきました 森林軌道跡を進む 2回目なので、勝手知ったるといった所 クラビコースを分ける落合から、沢へ 今日はいつもの長靴はリュックの中、昔使った沢靴装備 最初は川原歩きであるが やがて綺麗な渓となる 手がかり、足掛かりの多い岩 鎖もあるので、楽ちん 一見して危険であるが これも…

続きを読む

沢渡黒伏から白森

サクランボの葉っぱ摘みと、リンゴのオロヌキが急がれるこの季節 毎年恒例の息抜き、笹竹採りを取りやめ 午前中限定の予定で、懸案の沢渡黒伏に向かった 楽しい藪こぎと、帰路タケノコ採りと、午後からは畑仕事と、大変に欲張りなプランである 遅沢林道は途中で立ち入り禁止の表示 真面目な私は、迷うことなくここに駐車 登山口付近には一台の車 林道は少しだけ悪くなっているが、以前と大差な…

続きを読む

素晴らしき白森(の見える所まで)

今日は、めづらしく早く家出で、山へ 空模様は、・・・・・雲が多いが、風が弱いという予報を信じる JJスキー場には8時到着 第三駐車場で支度をしていると、登山者は第5Pへと追い立てられ、 行ってみると、続々と登山者が集合、何やら賑やかな人だかり 今日は東根山岳会の一般ツアー登山日だそうです 総勢25名。黒伏山まで。 では、ただ乗りという事で、(許可を頂いて) 我々は白森…

続きを読む

ワカンで散策(黒伏山付近)

二日酔い気味の日曜日 朝から快晴 少しだけ歩きたくなった JJスキー場を目指す すばらっしいので、南峰アップ 山菜の師匠様は、若い頃この沢を詰めて登ったそうな 北峰 10時30分 スキー場に着いた時は、最下部の駐車場が満車寸前でありました ここから、トコトコト道路を歩く 角度を変えて 柴倉山が見えてきた 今日は、あの山の横、柳沢…

続きを読む

朝仕事(仙台カゴ)

今日は土曜日であるが、会社は休みではない 私は、従妹の結婚式に出席するため、休み 久しぶりの好天の予報 後で後悔しないように、今日も、ちょっとだけ、山へ 11時には家を出て結婚式へ行かねばならぬ ところが、日曜日の尺八演奏の準備で、寝たのは12時頃 ぐちと前置きが長くなったので・・・・・ 観音寺口の関所、いつもの黒伏山 紅葉は思っていた程は進んでいないが、そこ…

続きを読む

仙台カゴ(偵察)

今日は地区の運動会 忙しいのが分かるのか、参加のお誘いはない 昨日まで相馬の山仕事でお疲れ気味 朝仕事は、ババ様の生きがい、の庭畑の耕うんなど (セイサイを播かねばならない) ようやく風邪も治り、足の痺れもだいぶ良い ちょっとだけ、山へと思いつつ 決断した時には8時30分をまわっていた。 目指すは仙台カゴ 分かる人は分かる山 御所山の中心に位置する秘峰である お…

続きを読む

御所山山系(ウバ沢コース)

9月の大型連休は晴模様 であるが、 私は仕事 宮城の水害の災害復旧である まあ、もともと、こんな連休はどこへ行っても混雑、何も予定しないのが常 今日は会社の出勤人員が余ったので、仕事は休みとさせて頂き 山へキノコ採り 向かったのは、御所山の姥沢コース 御所山山系は歩いた事もない所が沢山あるので楽しみだ 関所、黒伏山にご挨拶、雲海上がりの雲に隠れ、見えない すぐ…

続きを読む

念願の白森登山

昨夜は酒飲み会であった 今朝は、いつものとおり、5時に起床 お茶を飲みながら、今日の予定を考える 農作業が気にかかるが、天気も良いので、午前中限定、 御所山の奥座敷、念願の白森へ 遅沢林道の終点に外の車はない 6:45出発 ハルゼミ時雨の中を登り始める 二日酔い気味なので、体調はイマイチ 悪路の林道は標高850mまで上がってしまう すぐに、ブナの林となる …

続きを読む

黒伏山初冬

晴れの特異日である勤労感謝の日は、天気が今一つであった 翌日の今日、は快晴の見込みである 午前中限定で、ちょっと山へ行こうと思った 行くならば、五所山方面と決めていたが 何処へ行こうか? 結局、一番楽そうなコースに決定 遅沢林道は、車でも長い道のりである 沢渡黒伏分岐からは、4WD車でないと登れない 遅沢分岐、看板は雪に埋もれていた 分岐から150m程先…

続きを読む

御所山(最上かご・毘沙門山)

御所山の山系は殆ど歩いてないので、楽しみなコースが沢山残っている。 忙しいと言いながら、ちょっと山へ。 黒伏山の麓を通り抜け、観音寺コースより入山。 林道終点の駐車場には4台の車。 初氷(私にとって) これも初、霜柱を踏みしめながらの登山道 間もなく、ブナの純林となる。 粟畑手前は気持ちの良いブナ林である。 日陰なので、少し寒い まもなく、左手に…

続きを読む

荒神山(御所山)

地元の山形新聞掲載の【御所山刈り払い】情報を受け、 荒神山~クラビコースを縦走した。 御所山方面の山はほとんど登った事がない。 はるか昔、間木野から御所山山頂へ登っただけである。 主峰の印象が、登山の対象として、あまり良くなかったのであろう。 山菜取り以外は入った記憶がない。 久方ぶりの、鶴子からの道。 車の案内標識はない。 迷いながら、ダムの下の道を対岸に渡り、ダム…

続きを読む