東北六魂祭 山形(2014.5.24)

5月から6月にかけて、農作業が一番忙しい時期である。
果樹の摘果・草刈・自家菜園の植え付け等々・・・・・・・。
午前中は休耕田(減反)の草刈。2反。
農業政策では、何かを植えないと補助金は出ない。

しかし、排水も悪い田んぼで、何が育つのか?
色々やってみるが・・・・・・。結局草だらけ。

今日は、東北六魂祭。in山形。
山形ではいまだかつてない。大イベントである。
(ちなみに、山形の花笠まつりは見たことはない。)

市内中心部の多くが車両通行止め。
農作業もそこそこに、11時の電車に乗るべく準備。
最寄りの駅も超満員。
これもいまだかつてない。

電車は15分遅れで着。超満員、。未だかつてないこと。
ごめんなさいと言いながら、無理やり乗り込む。
東京のラッシュアワー状態で、乗れない乗客を沢山残して出発。
車内は殺気立った異様な雰囲気であるが、機転の利いたジョークで和む。
感謝。無理な体勢で、体の一部がつっている状況。

ようやく、北山形駅に到着。
どっと、人々を吐き出す。でも車内は満員。
我々もここ下車。

人ひとが出計らってから、ゆっくりと駅を出る。

北山形名物の小便小僧も六魂祭モード。
画像

12時半からは、山形初、ブルーインパルスの飛行。
昨日の予行演習で一部見ているが、何度見ても、凄い迫力である。
画像


前触れもなく、突然現れる。
(音が後からついてくる)
ウオー来た。誰かが指さすと、皆目を向けるが、ものの数秒で通り過ぎ、
彼方に消え去る。待つことしきり。ウヲー来た。
画像

六魂祭なので、6機の飛行。最短で1mまで近づくとか。
5つの輪である。近すぎでよく分からない。
画像

ハートの軌跡。最後のクロス。昨日はぶつかりそうであった。
画像

また、どこからともなく飛んでくる。
湾岸戦争で爆撃された人々も、何が何だか分からない内に爆撃されて・・・・・
こんな戦争だ。断固として、拒否。
画像

ビールを飲みながら、昼飯を食べながら、30分の航空ショーはすばっらしいものであった。

ビールでけだるい体にムチを打ち、歩いてパレード会場へ。
最初は秋田の竿灯。
本当は夜でないと風情がないのだろうが、観客と一体になった感じで盛り上がる。
画像

画像

山形の道路は狭いので、風にあおられ、電線に。
これもまた良し。
続いて、山形の神輿
これも夜でないといまいち。
画像

画像

花笠は提灯を使わないので昼でもOK。
後に続く尾花沢流の笠回しは、すごい。
あの早い動きで、揃っているって事は何なんだ?
尾花沢の花笠踊りは見たいと思いながら、かなってない。
学校も職場も休みで、地区事に笠回しも異なるそうだ。
画像


仙台のスズメ踊り。知らなかった。
画像


福島のわらじ祭り。これも知らなかった。
画像

画像

最後を飾る青森のねぶた。
画像

画像

ここでカメラの電池切れ。

観客との触れ合いのある良い祭りでした。
祭りが目的ではないのだが、3.11を忘れないために。
忘れさせようとして、世論操作をしている政治に対峙するために。

夜は、○○山岳会の総会で、山形で酒飲み。
酒飲みには会員が集まるが、山に行っている人は少ない。
30年前までは、山のエキスパート。
一度でも冬山に行った人とは、一生の友人である。
(ちなみに、冬山とは厳冬期の数日泊りの山です)

あすは、りんごの摘果作業。(いつ終わることやら)
もう、忙しいである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック