天龍山不動尊(石倉のお不動様)

一昨日に登った雨呼山
その登山口に位置する天龍山不動尊は今日(4月28日)がお祭りだそうです。

おとといは、社殿を掃除して、お祭りの準備中であった


画像

社殿に至るまでの林道脇には、石鳥居、山の神、馬頭観音などが祀られ、そのまま雨呼山へと続く
ここから山頂へと至る沢沿いの道には、石積みなどが残され、弘法大師の石碑も見られる

駐車場から左手の沢沿いの道へ
画像

右手に社殿、左手に石橋
これを渡った先には
稲荷様が祭られている
画像

大沢稲荷大明神
京都の伏見稲荷より、正一位を授けられているという
ここでも山寺石の鳥居である
画像

沢沿いの道には色々と
何と読むか?不明
画像

灯篭と最後の石堤
画像

ご神木のたもとには、姥様
画像

画像

清らかな、沢沿いの道
画像

しかし、両岸は険しく、浮石が多い危険な道である
画像

ぶらりと歩いても10分程度で滝に着く
画像

宝剣に守られた不動明王様
画像

画像

滝の下には、三日月不動王様
画像

滝の上に抜ける道はないかと探したが、両岸とも険しい
滝横のバンドを伝い、滝の落ち口に抜けられそうであるが、お不動様の頭の上を行く気にはなれない

画像

右岸にかすかな獣みち(多分カモシカ)があるので辿ってみる
つかまる所がなく、足元は不安定で大変危険
下る際は、結構危うい斜面であった
画像

沢登り道具を持参しないと、滝の上には行けない
聖地であるので、ここまでとしましょう


戻って、駐車場わきの社殿
画像

倒れかけた社務所と見ていたが・・・・、
地元石倉地区の方々がお祭りにむけて準備中であった
画像

雨呼山は龍の住む山である
山頂直下にある、龍神の池は小さく、ただの水溜りにしか見えないが
山頂から流れる沢の源頭には、龍の名を頂いたお不動様がいくつか祀られている
ここ石倉山は三本指に入る

帰路、山の神神社にも多くの方々がおり、お祭りの準備をいていた

文化財となっている石堤
画像

この風景は地元の方々の刈り払いによって維持されている(と思う)
画像

大正末期から昭和初めの築造であるそうだ
セメントを使わず、ち密に加工されて組まれている立派なものだ
画像




話は、まったく別の所に飛ぶが、
最上と庄内を結ぶ最上峡に、高屋という小さな集落がある

元はスキー場なども有った場所であるが、今は朽ち果てている

ここで去年仕事をした際
山の中の小さな神社の中で、じい様とばあ様が食事をしていた

2坪ぐらいの小さな神社であるが、春の陽気の中、たった二人で酒を酌み交わしていた
見知らぬ不審者の私に、お祭りだよ、とにこやかに笑って話してくれた。

御護符としてミカンを頂きました。
こんな風景がまだ日本に残っている

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック