サクランボ終盤

サクランボは終盤
今日は50kg収穫
ほぼ収穫完了の予定であった

画像


日の出から、夕暮れまで
収穫と、パック詰めと、出荷と、親戚への配達
先週が出荷のピークでありましたが、今週は疲れのピーク

農協の集荷所では、疲れた職員と、疲れた農家がてんてこ舞いで、殺気立っております


サクランボには、一部、ウルミが発生
ミバエも目につくようになった
画像


まだ、結構残る
画像


今日から出荷解禁の、紅秀峰も少しあるので、明日は消毒をしよう
弱ーい毒性の消毒です(と聞いてます)
大規模生産であるアメリカや北海道で行う【燻蒸】などとは、比べ物にならない、弱い消毒であります

TPP解禁
これから、毒性の強い消毒をした農産物が大量に日本に入ってくる
もとい、すでに大量に入ってきてますが、さらに加速

善良な、有機栽培に近い、小規模農家が廃れることは間違いない
安倍ブタの政権が補助金を大量に交付する(それは農家の為ではなく、機械を作る企業のため)
農薬まみれの大規模農家が繁栄する(予定)の時代であります

日本の田んぼは青々としておりますが、畦に散布された除草剤を見ると心が痛む
大規模になると、草刈もしない
エアコンの効いたすぐに壊れるトラクタで、背中に借金を背負って

何千万円の大型機械は半分以上を補助金で購入、高額の農薬をバラマキ、高品質の大量生産
行きつく先は、アメリカの食生活・・・・ここは日本です

但し、アメリカは多様な考え、少数意見、雑多な生き方を尊重する【民主主義】国家なので、
少数意見を尊重しない日本よりはマシかも知れない
と、思いつつ、様々な自己主張で混乱する社会というのも一面
世の中、ムズカシイ

今、参議院選挙の真っただ中
安倍ブタは公約もしてない事、特定秘密法案や自衛隊法などを勝ってに決めてしまった
こんな大事な事を、国民の許可も得ないで行うとんでもない輩

議論を避け、根拠もないリップサービスを繰り返す様は、ヒトラーか?
マスコミも最近は少しまともになってきたが、もう手遅れの感じ

相手の質問に対し、答えづ、はぐらかし、何の効果も無かった3本の矢とかのキャッチコピーを繰り返す
中身が無くても、威勢の良い言葉が若者には受けるらしい

大企業と金持ちにしか目を向ける人でないと、日本の政治家はつぶされる
(田中角栄、小沢一郎、小渕優子・・・)

今回の選挙は、絶対に、自民党を勝たせてはいけない
戦争をする国にはしたくない

1923年 関東大震災    2011年 東北大震災
1925年 治安維持法    2014年 特定秘密法
1940年 東京五輪(中止) 2020年 東京五輪(予定)
1941年 第2次世界大戦  2021年 ????

こんな、文章も、検問されているのだろう
北朝鮮と何も変わりないのが日本



さて、
その田んぼ
早くも肥料切れで、色が醒めつつある

画像

宿敵、コナギも部分的に大発生
除草剤の効果は大きかったようで、部分的なのが救いである

画像


やはり、今年はカブトエビはいないようで、寂しい限りだ
タニシとか、オタマジャクシがせめてもの慰め


減反のお楽しみ
ハスは順調の様子
今年こそ、花が見られるかもしれないと期待
画像

画像


ハスと似ているが、ちょっと違う、水連
今が花盛り
純日本産、ヒツジグサは大好きな花
画像

開花は日中だけで、夕方は蕾に戻ります
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • dessertrose

    日本を戦争する国にしたくないのは解るけど日本を戦争する国にしようと恫喝や挑発する可笑しな国が近所にいるから。まさに矛と盾だね。紅秀峰は粒が大きくて甘いとか(食べた事が無い)。前ラジオで紅秀峰をオーストラリア人が日本の農家から貰って?オーストラリアで育て実った紅秀峰はオーストラリア人に好評で日本へ輸出するって話をしてたけどどうなった?
    2016年06月25日 22:17
  • barabara

    コメントありがとうございます。
    前回の選挙前に危惧した事が、予想を超える形で現実となり、今の異常な状況を作ってしまっている。未だに安倍信者がいる事に大変不安であります。
    今回、日本人はどういった結論を出すのでしょうか?

    日本を恫喝?
    最初に喧嘩を吹っかけたのは、我が国と思われます。
    石原都つづを発端とした尖閣諸島、そいて、度重なる挑発。
    テレビを見ていて、何の為に?と思って見ていましたが、なるほそと直ぐに分かりました。
    仮想敵国を作り、愛国心を煽り、その先にある、憲法改正。
    見え見えでしたが、情けない事に、マスコミは制御済み。

    紅秀峰は大粒で、歯ごたえがあり、甘すぎない適度な甘さがあり、大変美味しいサクランボです。
    真っ赤な、高級な佐藤錦は、甘すぎて美味しくないと思われます。
    (我家のは、一般庶民向けで、適度な甘さ)
    実を言うと、熟した、もぎたてのナポレオンが一番美味しい。
    でも、傷みやすく、市場には出回らない。
    ナポレオンは加工用として未だに栽培されております。
    たまげるほど、安い値段で。

    オーストラリアの話は聞いた事がありますが、現在どうなっているかの話はよく分かりません。
    果物の品種は特許と同じなので、本当は勝手に作ってはいけないものと思われます。
    なお、輸入果物の宿命で、害虫の国内持ち込みを防止するため、かなり高濃度の【燻蒸】をするはずです。
    外国から日本に持ち込まれる動植物は、天敵がいないため、一気に繁殖し、日本古来の生き物が絶滅する事になります。
    道路脇の植物は全て外来植物と言って過言ではないと思えわれる。
    2016年06月26日 20:44

この記事へのトラックバック