月山本道寺口

昔馴染みの山、新庄神室山の遭難が気なって、山へ行く気も起きない。
今朝がた、無事下山の報を聞き、良かった良かった。

色々と、意見はあるだろうが、あの悪天の中を生き貫いた 《心と装備》 は称賛されるものであります。

安心したので、山へ行こう。
画像


いつも横目で眺めていた、長ーい道、本道寺口
今の時期でないと、とてもじゃないが、歩けない気がする
画像

画像

神社の周囲は雪解け間もない、すぐに、カタクリとエゾエンゴサク
画像

新緑、林道歩きも苦にならない
画像

林道脇、昭和年代のものであるが、ここで旧道らしきを確認
画像

クルミの発芽
春だ、なあ
画像

少し藪っぽい旧道を進んで、再び林道へ
そのまま林道を進んで、行きすぎた、引き返す
画像

ここまで、十三丁、まだ1.3kmしか歩いてない?
画像

遠くは関東から、出羽三山を目指した、古の道である
画像

残雪が多くなり、道が途切れる、ここは要注意
画像

反射板が近づくと、尾根道が近い
もう大丈夫かな?
画像

西斜面に、ぶなの古道
画像

東斜面は残雪
画像

木の間から、チラチラと見え隠れ
画像

ようやく展望は、朝日連峰
画像

愛嬌のある姥様
ここで昼食と思って歩いて来たが、傍らにはお墓が並ぶ
画像

踏みつけて歩くしかない
画像

画像

一木一草、採ってはならぬ、と登山口に書いてありましたので、
盗りません。(この連休、毎日、食い飽いた)
画像

結構単調な道に、彩り
画像

蔵王から御所山は望めるが、写真では分からない
画像

素晴らしきブナ林となるが、光が足りない

画像

郡界尾根を目指したが、ちと、遠く、
連日の酒飲みで体調不良
この登りを最後と決め
画像

本日の山頂は、P1100m
画像

ようやく、月山の展望は南斜面
画像

月山は、東側から眺めるのが良いかも知れない
画像

地蔵森山方面はまだ冬枯れ。
景色に元気づけられながらも、当然、パス
画像

振り返って、朝日の山々
画像

障子ケ岳、と思うが
画像

赤見堂、だと思うが
画像

素晴らしき、残雪と新緑
光が足りない
画像



時折、旧道を廻りながらの
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • cheeze

    「素晴らしき残雪と新緑」の月山クラシカルルート、いいですね。歩いたことはありません。
    岩根沢から周回したことはあるのですが、やはり下から登るのが潔いですね。大雪城は初夏だとちょっと怖い感じがします。極太のロープ一本張ってあったと思いますが、雪の下でしょうから。
    2018年05月07日 21:09
  • barabara

    連休中はお疲れ様でした。
    気になりながら、歩けなかった道、結局最後まで歩けませんでした。
    月山は観光の山でありながら、広大で、未知の自然がたくさん残っています。大雪城の周りは花だらけ。盛夏の頃が一番かもしれない。
    さて、これからは畑仕事が本番、忙しくなります。手を抜きながら適当に。
    2018年05月08日 06:05

この記事へのトラックバック