蔵王八方沢に遊ぶ

昔馴染みの方々と、久方ぶりの山行

蔵王ダムから雁戸山を望む
画像

ダムの管理道を通り、八方沢に降り立つ
未だに残っているんだ!の吊り橋
画像

少し下って、北雁戸沢が本日の目的
記憶によれば、昔々、ノーザイルで沢筋を直登できたハズ・・・・
画像


すぐにゴルジュ

画像

F1
落差は3mもない
画像

こんな小さな滝
手掛かりなく、道具なしでは直登不能

巻く?
出会いまで戻れば可能
画像


速やかに、撤退決定
んでは本流のF1でも眺めに行きますか
画像

こんな沢、歩き、が丁度良いかもしれない
画像

綺麗だよ
画像

右手に白糸のような2又の50m滝
沢らしい沢も無いのに結構な水量
画像

なかなかの感じ
画像

画像

八方沢F1到着
画像

記憶によれば、唯一の
直登できる滝だったかも知れぬ?
泳いで取り付くのが最高に楽しいが
右手の水中に足場があり、へつって行けるハヅであるが、冷たいのでパス。
画像

水量が多い沢で、惚れ惚れとする立派な滝が多い。
画像

帰ります
F1を越えられない沢歩きも楽しい
十分に満足
画像


帰路、寄り道
画像

鍋倉不動様へは一時間の登り
籠り堂
画像

画像

滝までは危険な急坂を下るが、道が一部崩壊。
真っ直ぐ進めば、50m下まで一直線のようだ
画像


画像


道は下の滝壺を目指さず、中段へ
そして、素晴らしい20mの滝
画像

中断の滝つぼ
一体、どうやれば、どうやって、こんな地形を作れるのだろうか
画像

下の滝は怖くて覗けない
落差は30m程
画像

そして、ここだけが静寂の場
画像

画像

画像

気の早いモミジが
画像

あっという間に、季節を変えて行く
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック