突然のIWC脱退

政府は26日、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明。

我々一般庶民にとっては、どうでも良い事であるが、
世界的には、特に英語圏の国々から反発を招くような、大変な出来事の様子である。

私とっては、どうでもいい事でありながら、
こんな突然、
官房長官の声明には決定事項を話すのみで、経過とか理由とか具体的な説明が全くない。
誠意のかけらもない。
こんな事が平気でまかりとおる日本

一体誰が、何の目的で、誰の指示で行ったのかが全く不透明。
こんな国、誰も文句を言わない?


今の生活に満足しない人々は、何でも良い、変化を歓迎しているふしがある
ゴリ押しであろうが何であろうが構わない
なめられ切ったものだ


特定秘密保護法から始まった。

国民への説明や合意が全く無い、そんな中で
すさまじい勢いで押し進められる【変化】


じわり、じわりと国民の首を締め付け

一体、誰が、誰の為に?
(支配層が支配層の為に)









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック