瀧山(前滝コースから大滝コース)

西山は天気が良さそうだが、雲が厚い東山へ

秋口になると、何故か瀧山が恋しくなる
毎年恒例、前滝コースから
DSCN1126.jpg

一時、雲が切れ、山頂が姿を見せてくれた
DSCN1129.jpg
幸先よし
DSCN1134.jpg
暑くなく、寒くなく
DSCN1140.jpg
でも、汗はでる
この一週間、体に溜まった毒素、ここで吐き出すのだ

ドングリはそこそこ落ちてはいるが、少ない
DSCN1144.jpg
見上げるブナ
実が着いている木は少ない
DSCN1147.jpg

前滝まで一時間、
DSCN1153.jpg
ここから楽しい尾根道
DSCN1156.jpg
ウメバチソウと
P9130017.jpg
ダイモンジソウが
P9130008.jpg
大きなアクセントとなり
楽しい道だ
P9130004.jpg

なんだか?
去年より、だいぶ荒れている感じだ
DSCN1157.jpg
大雨の影響か?
踏みつける人が多くなったのか?
DSCN1159.jpg
木の根の階段
薄い土壌を守ってくれている根っ子が頼りの道
この道はゴム長靴で歩きましょう!

周囲はガスで、下界を見下ろす楽しみは無かったが
天狗岩で山頂方面が見渡せた
DSCN1162.jpg
急坂を抜けると、ブナ林
DSCN1165.jpg
山頂はガス
こんなに新しかったか?
山頂神社
DSCN1168.jpg

お山のリンドウを撮っていると
P9130024.jpg
歓声
DSCN1171.jpg

赤とんぼも健在で
DSCN1173.jpg
後は下るだけだが
何と、進入禁止の高森山方面に刈払い発見
行くしかないダロ

DSCN1174.jpg

下って、少し登って、右手の急斜面に刈払いが続く

苔むしたロープが延々と
急坂をづんづん下っていく
DSCN1175.jpg
時折、真新しいザイル
DSCN1176.jpg
不安な未知の道だが
刈払いはしっかりしており、迷う事はないようだ

右手の沢に向かう刈払い道(未確認)を見送って、尾根道を進む
熊さんのねぐら穴の様相の洞窟を過ぎ
やがて、異様な世界
DSCN1178.jpg
下は崖で近寄れないが、ザイルで確保されれば行けそうだ
石橋
DSCN1179.jpg
苔むした案内板が教えてくれた
DSCN1181.jpg
そして、間もなく大室
足元が不安定で、陰湿として暗い。こんな写真しか残ってない。
DSCN1183.jpg
修験者が籠って修行をした核心部と思われ
大変な難所である

道は全て急坂で、
部分的にはロープも無く、つかまる立木もない場所も多々ある

やがて、大滝が現れ、
見知った場所に着いた事に安堵する
DSCN1185.jpg

冬の氷瀑で有名な場所だが、この時期水はない
DSCN1187.jpg

冬は行けるテラス、不動様が鎮座
DSCN1188.jpg

ここから、涸れ沢を下る訳だが
結構長い道のり、特に下りは疲れる
DSCN1191.jpg
砂防ダムからは左岸に道があり、ようやく一般道


登山口に、真新しい看板
DSCN1192.jpg

整備されつつあるが、部分的にロープは未設置
前滝コースの様に、登り専用道となるのであろうか?

現在、危険個所多数で、沢登り的装備必要、
熟練者以外は、行ってはダメなコースです

export (11).png

今度、ゆっくりと下から行ってみよう
違った景色が見えるはずだ














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 山形市H夫

    ブログ見て「これは!」と思い、10/6に出かけました。
    冬、大滝を見に行ったことは二度ありましたが、この時期は初めて。大滝コースを登りにとりました。
    大室は近くまで迫りましたが、穴の中に宝物はありませんでした。
    石橋は下りるための短いロープがありましたが、とても下りて迫れるとは思えません。遠目で写真に収めました。
    苔生した案内板?私は見ませんでした。
    念のためヘルメットを付けましたが、ただただ急なだけで、登りならば前滝コースが登れるレベルならば、大滝コースも大丈夫だと感じました。これも、整備をしてくれた方に感謝ですね。
    苔生したロープも多くありましたね。新しいザイルは二か所でした。高森山へは、かつて羽竜沼南のロッキーの森から803.5m三角点を経ての尾根辿りで登り、乳母神コースに合流して山頂へ登っていました。
    今回、高森山の標高点へは行きませんでしたが、刈り払いは下へと続いているのか確かめたくなりました。
    下りは乳母神コースで長峰林道、岩小屋・垢離かけ場を経て前滝コース口へと。
    ありがとうございました。
    2020年10月06日 19:26
  • barabara

    未だ整備途中かとも思われますが、歴史のある道が復活されるのは喜ばしい事です。爽快な前滝コースから比べると、陰湿な感じがしましたが、下りに使った為かも知れません。石橋は危険が沢山、ザイル友が居ないと近寄れない感じです。
    一週間後ぐらいでしょうか?
    紅葉の時期に再訪したいと思っております。

    2020年10月07日 18:47